日曜日は工場内作業のお休みを戴いて

子供たちとサイクリングに行ってきました。

当然、先日行った

『伊自良湖』

です(笑)

自分が感動したことは、

無理やりにでも分けてあげたいのです(爆)

一緒に行ってくれるのは、今のうちだけでしょうからね?



子供たちを誘ってみると、

もはや長男は

『えぇ?!』

ってな反応で、

若干親離れ的雰囲気を醸し出しています。(苦笑)

次男はニコニコで 『行く!』 と即答。

結局長男もしぶしぶオッケーを出し、

上2人を連れ出すことに成功しました。

三男はただいま自転車の練習中です。

以前のこともあり、

『俺はもうちょっと大きくなったら行くでね』

と、まるで自分自身を諭すかのような発言をしていました(笑)



午前11時すぎに出発。

20分ほど走ったところで、飲料水を求めつつ

コンビニにて休憩。

b0148676_1718129.jpg


長男は若干へこたれつつあります(爆)

ここから長い長い坂道を登り続けること1時間!

b0148676_1719321.jpg

b0148676_17193763.jpg


がんばりました!

トータルタイムは1時間15分。

山越えも足を付くことなく完走し、

見事な成長っぷりを見せてくれました。



伊自良湖でおにぎりをほおばり、

カモと戯れた後、帰路に付きました。

予告通り帰りは下り坂(笑)

行きの苦しそうな顔は微塵も無く、

メッチャ楽しそうでした。



そうそう!

伊自良湖の行きしな、心が折れそうになる辺りで、

元気になれるポイントがあります。

b0148676_17194061.jpg


ウチだけや!(爆)



しかしまぁ、10歳と8歳、

40キロもの道のりをよくぞがんばったもんです。

おとんは少しだけウルッと来たぞ。

皆さんも、見掛けたら褒めてやってくださいね?(笑)

さて、それでは親子で行くぜ!

『ドンと来い!伊自良湖!』

翌朝、元気に出かけていった子供たちを、

ガタガタの身体で見送るおとんであった(爆)





『今日のナイスサウンド』 はうちの子供たちの大好きな



放課後ティータイムの 『ごはんはおかず』 と 『U&I』 だぁーーーー!

『オタクっぽぉーい!』

と、侮る事なかれ。

観てみるとメッチャ面白いですよ。

変なエロい要素など一切なし。

軽音部女子高生の普通な日常が面白おかしく描かれています。

うちの子供たちは、日曜日の早朝から

録画してある 『けいおん』 を見て

大爆笑しています。(爆)

その声で、早朝から起こされるおとんです(爆)
[PR]

自転車に乗っていると、普段車に乗っているときには気付かないものが見えてきます。

『ここはこんなふうだったんだ!』

なんて、新鮮な驚きの連続です。

しかし、時として驚きを通り越し

驚愕と地獄を味わうときもあります(爆)



先日、少し時間を戴いて岐阜市の北方向に位置する

『伊自良湖』

まで自転車で行ってみることにしました。

自宅からおよそ20キロ離れた湖です。

自動車免許を取得してから、軽くドライブするにはちょうどいい距離なので

昔からなじみの場所なのです。



その道筋を、自転車で走ると

とても新鮮で楽しかった…

初めのうちだけは(爆)

車で走っている分には気が付かなかったのですが、

どうやら伊自良湖までの道のりはほとんどが

『上り坂』

途中二回ほど、『諦めという名の休憩』 をとりましたが、

そのたびに 『他人に言えない事実を作ってはいけない』 と

自分を奮い立たせて、見事完走!(爆)

b0148676_15562512.jpg



完走すると、折れそうだった気持ちもどこへやらですな。

そして、嬉しい誤算に帰り道はほとんどが

『下り坂』(爆)

単純な私にとっては、大そうなご褒美となりました。

どうやら 『自転車ブーム』 なこの世の中。

みなさんもきっとこんな達成感が気持ち良いんでしょうね。





おげ!

それでは今日も、ささやかな達成感と大きな喜びを交えた

『今日のナイスシミ抜き』

に参りましょう!

b0148676_1555336.jpg


お電話にてお問い合わせいただきました。

『学生服にペンキが付いてしまったのですが、キレイにできますか?』

ということでした。

何度もキレイにした経験がございますので、ほとんどの場合はキレイにできますよ!

と、お伝えしたのはよかったのですが、

問題は時間。

『休みの日にしか出せないので1日でキレイにできませんか?』

というリクエスト。



むぅ…



どうしても電話だけですと、状況が把握しにくいですので、

『絶対にできます!』

とはお答えしにくいのが事実です。

可能な限りキレイにさせていただき、もしも残ってしまった際には

また次回のお休みに出していただく

ということで、ご了承いただきました。




そしてやってきた学生服。

御依頼主は、なんと!

車で1時間はかかる 『関の刃物』 で有名な関市からのご来店でした。

b0148676_1555999.jpg

b0148676_1555117.jpg


こんな遠方からキタヤに期待をこめていらした事に、

『感謝』ではなく、『結果』 でお応えせねば!

という気持ちでいっぱいになりました。



ペンキの正体は、『水性塗料』

水で混ぜることができるから、意外と簡単に落ちるのでは?

なんて思われがちですが、

ところがどっこいです(爆)

扱いやすくDIYではおなじみの水性塗料ですが、

完全に乾くととても強力な皮膜を張り、耐久性も抜群なのです。

壁に塗って耐久性抜群なのは、大いにありがたいことですが、

学生服に付着して、耐久性抜群なのは非常に厄介です(爆)



急いでシミ抜きすることによって

『生地に傷が生じやすい』 こと、

『ペンキが残る可能性がある』 ことを

ご了承いただいてのお預かりとなりました。



まずは袖のペンキと格闘します。

b0148676_1555161.jpg


外部から見にくい部分のシミ抜きをしてみて、

早く優しくシミ抜きできる方法を探りました。

b0148676_15551998.jpg


1箇所目はやや手こずりましたが、見つけた!

キレイに早く優しくシミ抜きできる方法を!

b0148676_15552788.jpg


b0148676_15553079.jpg


クリーニングと仕上げの時間を考えると、

約束の夕方5時までに、そんなに時間はありませんが、

なんとか間に合いました。

b0148676_15553472.jpg


キレイになりました!




お客様には大変喜んでいただけました。

1時間、いや往復で2時間かけていただいた甲斐があったと思います。

ありがとうございます。

こんな遠くのクリーニング屋に期待していただけたこと、

本当に感謝しています。




それでは、いつもの勝利の合言葉!(爆)

『ドンと来い!水性塗料!』

ご利用誠にありがとうございます。





それでは、こちらもおまっとさんの

『今日のナイスサウンド』



東京スカパラダイスオーケストラの 『 めくれたオレンジ』 だぁーーーーーー!

オリジナル・ラブの 『田島 貴男』 がボーカルをとるこの曲は

文句なしにカッコええですな。

オリジナル・ラブの方も大好きですよ。



しかし、あまり大きな声では言えませんが、

田島 貴男って…

関根勤がまねする 

『大滝秀治』 に

そっくりじゃない?(爆)



ってか、関根勤にも似てますね?
[PR]

ある日、東の空がオレンジ色に光り

目がくらんだ次の瞬間、

そいつはやってきた。

b0148676_11501875.jpg

b0148676_11502286.jpg

b0148676_11502723.jpg


炭素とアルミニウムからできたこいつは非常に軽量である。

b0148676_11503418.jpg


ありがとう、健康の神よ(爆)







矢野顕子feat.佐野元春 『自転車でおいで』 

名曲です。

自転車で行きます(笑)
[PR]

ちょーさみー!(爆)

昨晩より一気に冷え込みましたね。

今朝は寒がりで有名?な従業員の一人が

『カーディガンとストール』

のいでたちで登場して、周囲を唖然とさせました(笑)

ま、無理して風邪をひくよりは全然いいと思いますけどね。

みなさまも、この季節御風邪など召しませんよう、ご自愛くださいませ。


俺?


もうひいて治ったところですけど(爆)




おげ!

それではKC/DC会長が 『あほ』 ではないと分かったところで

『今日のナイスシミ抜き』

をご覧ください。

b0148676_15432314.jpg


『他店に出したところ、黄色くシミができて返って来た』

ということでお預かりです。

他にも2枚ほどお預かりしました。

みな同じ場所に同じようなシミです。

それは 『左袖のカフスの裏』 にできていました。



なんのシミでしょう?



これは 『腕時計のステンレス製のベルトのシミ』 です。

夏の汗をよく掻く時期に多いシミですね。

ステンレスのベルトに汗が大量に付着することによって、

ベルトから 『鉄イオン』 が流れ出して起こる現象です。

状況はさまざまですが、

着用後に黄色くなって発見される場合と、

今回お預かりしたお客様のように

クリーニングに出してプレスをした後に浮き出てくる場合があります。

どちらも早期の場合ですと、意外とキレイにできるはずです。

当然ですが、『シミ抜きを得意とするクリーニング店』 の場合ですけどね。



早速はじめます。

まずは黄ばみを…

b0148676_15432591.jpg


はい、終了。

そして残った黒ずみを…

b0148676_15432977.jpg


はい、終了!(笑)



笑ってますが、このシミの存在を知らなければ、

何をやっても取れないでしょうね。



※ここで重要なお知らせ。

ステンベルトによる黄ばみは長期放置によって、

いとも簡単に生地を脆化させてしまいます。

見た目はただの黄ばみに見えますが、

シミ抜き処理を始めると一瞬で生地が破れる可能性もございます。

シミの特性とシミ抜きのリスクをご理解のうえ、

シミ抜きをご依頼頂けますようお願い申し上げます。



そして汗かきな体質の方で、暑い時期に長袖を着用する機会が多い方は

ステンレス製ベルトの腕時計の着用を控えたり、

まめに汗をふき取るなどの処置を大いにお勧めいたします。




それでは参りましょう。

『ドンと来い!ステンレスベルトのシミ!』


ご利用誠にありがとうございます。




それでは 『今日のナイスサウンド』 も

元気にしんみりと参りましょう(爆)



ハナレグミの 『家族の風景』 だぁーーーー!

『だぁーーー!』 はちょっと控えめにね(笑)

今日はこの曲が頭の中をリフレインでした。

いい曲です。

すでに名曲と言ってしまってもいいでしょう。

ハナレグミを聴くと、よくある普通の風景が

自分や家族と重ね合わせて深く入り込んできます。

『恐るべき普通』 とでもいうんでしょうか?(爆)

素晴らしいと思います。



音楽は 『反抗』 や 『シャウト』 だけじゃない

普通の中から生まれる何かがあると。

ときどき肩の荷を降ろして聴いてみるのもいいかもしれませんな。



別に、急に冷え込んでテンションダウンしてるわけじゃございませんよ(爆)
[PR]

ちょいと前ですが、遠く離れた友人より

『色移りのシミ抜きできるんでしょ?』

と、問い合わせがありました。

諸々の諸事情で結局そのシミ抜きはやらなかったのですが、

とても嬉しかったです。

もちろん、ブログやホームページを通じて

シミでお困りの方がキタヤにお越しくださることも

めっちゃ嬉しいのですが、

身近な人に頼られるってことが

とても気持ちいいのです。

ありがたき幸せ(笑)



ついでに言われたのが

『更新が遅い!』

ということ(苦笑)



すびばせん。



私の更新はビフォーアフターを含めた

『作品』

であり、自分が面白いと思えないことには載せられません。

最後までスラスラと書けた割りに

つまんなくて消したいと思うことは何度もあります(笑)

『お前は何者だ』

っちゅう話ですが、


クリーニング屋です(爆)


わがままな更新ペースですが、どうかお許しください。





ってことで、久しぶりに書く気になった

『今日のナイスシミ抜き』

のお時間です(爆)


今日のシミは 『朱肉』 です。

付着してしまったとき、どうしても自分で何とかしたいと思ってしまうもの。

○おしぼりで叩いてみる。

○台所用洗剤を付けて揉んでみる。

○洗濯機で洗ってみる。

○近所のクリーニング屋に出してみる。(シミ抜きに力を入れていない)

どれもあまりお勧めしません。

どの方法も朱肉をさらに繊維の奥へ押遣ってしまいます。

できれば付着してすぐにシミ抜きの実績があるクリーニング店へ

お持ちくださることが、御自身の手間もシミ抜き代も少なくてすむはずです。



まずは付着してすぐにお持ちくださったズボン。

b0148676_165422100.jpg


付着した量も多くありませんでしたので

意外に早くお安く処理できました。

b0148676_16542630.jpg


シミ抜き代金は¥500前後です。



そして御自身でいい所までキレイに出来ましたが、

あとちょっとがキレイにならなかったケース。

b0148676_16544211.jpg


一番大きな部分だけをクローズアップしていますが、

全体にチョコチョコと付いていました。

プロのシミ抜きにおいても、

『あとちょっと』

が難しいのです(苦笑)

こちらは、やはり繊維の奥へ入り込んでしまっていましたので、

お時間とお値段がかかっています。

b0148676_1654469.jpg


もちろんキレイに出来ました。

こちらのシミ抜き代金は¥1000前後になります。



繊維の種類や付着した量でも難易度は変わってきますので、

そこがシミ抜き代金の難しいところでもありますが、

似たようなケースでお困りの方がお見えになりましたら、

ぜひ一度店頭にてチェックさせてくださいね。

私が居る時でしたら、すぐにシミ抜き台でチェックすることが出来ますので、

目安をお伝えすることが出来ますから。



それでは参りましょう。

喉の調子はどうですか?

私はちょっと悪いけどシャウトします(爆)

『ドンと来い!朱肉!』

ご利用誠にありがとうございます。





こちらもシャウトで行きましょう!

『今日のナイスサウンド』

4649(爆)



ALABAMA THUNDERPUSSY の 『Motor Ready』 だぁーーーーーー!

いやぁーかっこえぇ。

シャウトしてまんなぁ。

バンド名がシャウトしにくいんですけど(爆)

アラバマのサンダーな〇〇シーて、どんだけやねん!








えーっと。

一部不適切な発言がありましたことをお許しください(爆)
[PR]

先日の新聞に 

『縮むクリーニング市場』

という記事がありました。

1家庭あたりの年間に使うクリーニング代金が、

1992年の約¥20000をピークに

どんどん下がり始め、2009年はとうとう

¥8000になってしまったそうです。

長引く不況で、自分で出来ることは自分でやろうという

顧客が増えたことが主因だそうです。

そして、そこに目をつけたのが家電メーカー。

すべりの良い高機能アイロンの開発や、

節水や叩き洗い効果(で汚れが落ちやすい)を狙ったドラム式(縦型)洗濯機も同様、

家庭洗濯が少しでも楽しくなる趣向を凝らしてきています。



肝心のクリーニング店は?

お客様にまた目を向けてもらおうと進歩しているでしょうか?

低価格。

クイック(スピード仕上げ)

もちろん、それも大切ですが

やはり家庭では出来ないことが出来る!

そういう部分をアピール(実践)しないことには、

クリーニングの必要性は生まれてこないのではないでしょうか?

かつての 『家事の代理人』 的存在から

『キレイにすることのプロ』 として

生まれ変わらなければいけないのです。

のっけから鼻息が荒くて申し訳ありませんが(苦笑)

『クリーニングってすごい!』

ってことを、もっと多くの皆様にお伝えできれば…と思い

今日もブログの更新をさせていただいております。

御清聴ありがとうございました(爆)




おげ!

今日もプロフェッショナルクリーニングショップ(なげぇな)としていっちゃいますよぉ!

『今日のナイスシミ抜き』

でございます。

b0148676_16113195.jpg


『23区のメンズポロ』 をお預かりしました。

お客様は車で30分以上かかる遠方からのお越しです。

正面部分は特に問題ないのですが、

b0148676_1611361.jpg


b0148676_16114214.jpg



背中の部分は一面シミが付いていました。

『雑木林で背中から倒れてしまった』

とのこと。

一度他のクリーニング店でクリーニングとシミ抜きを依頼しましたが

これ以上はキレイにならないと言われてしまったそうです。

まだ購入したばかりでこのまま捨ててしまうにはもったいないとのことで、

キタヤクリーニングを探し当ててご依頼いただきました。

遠方から本当にありがとうございます。



今回のシミは、お客様いわく

『樹液ではないか?』

ということでした。

背中から木に向かって倒れこんだ際に出来たシミです。

…確かにそうかもしれません。

お持ちいただいたシャツには、クリーニングに出したばかりと思われる、

タグが付いたままでした。

b0148676_16115637.jpg


水洗いできるアイテムですから、 『ウェット』 は当然なんですけどね(爆)

ドライクリーニングとウェットクリーニングでキレイに出来ると睨んだのでしょう。

私の経験上、樹液や花粉、草の色など植物から移ったシミは

その程度でキレイになった例(ためし)はございません。

コツコツと漂白するのみです。



それでは分かりやすく漂白してみましょう。

b0148676_16115150.jpg


袖部分にも激しく樹液が付着しています。

漂白を行うと…

b0148676_1612023.jpg


このとおりです。

分かりやすいでしょ?(笑)



簡単そうに漂白して見えますが、意外と落ちにくいシミです。

時間をかけて漂白を続けると

b0148676_1612534.jpg

b0148676_1612820.jpg


キレイになりました。

事実は背中が物語っています(爆)




ドライクリーニングやウェットクリーニングの

洗濯機や洗剤が出来ないことをする。

それがシミ抜き。

そして、クリーニングってこうじゃないと!

そう思いません?

私は思う(笑)




それでは、そう思った方、一緒に参りましょう!

『ドンと来い!樹液!』

ご利用誠にありがとうございます。




今日のナイスサウンド』 も熱いです。



Aerosmithの 『Eat The Rich』 だぁーーーーーー!

いやぁー名曲の登場です。

私は、実はこの曲でスティーブン・タイラーに

『ギターの素質がある』

と言われた男なのです。





ゲームで(爆)





この曲のイントロが流れると、

テニスラケットを手に、一緒に演奏せずにはいられないのです(爆)

まだプレイステーション1のころです。

コントローラーの代わりに、ピックが着いたコードを本体に差し込み、

テニスのラケットで音を出す。

今で言うギターフリークスの原型とでもいうのでしょうか。

ゲームのタイトルも家へ帰らないと思い出せず、

ネットで検索しても出てこないほど

古いゲームなんですけどね。

※追記

ゲーム名は 『QUEST FOR FAME』 でした。

b0148676_15142320.jpg



私はエアロスミスの一員だと思わせてくれる、

そんな思い入れのある曲でございます。




帰ったらまたやってみようかな?(笑)
[PR]

もっともっとクリーニングの可能性を広げようと、

名立たる達人に追いつき追い越したいと、

新しい課題に取り組む今日この頃です。

新たなる挑戦はいつだってクラクラしちゃいますが、

乗り越え、自分のものにしたときの気持ち良さを知っているだけに

夢中になってやっています。

まだ新たなる事例を発表するには至っておりませんが、

今後ともキタヤクリーニングに期待してね?(笑)




おげ!

それでは 『今日のナイス色修正』 のお時間でございやす。

b0148676_1793711.jpg


ヘアカラーをこぼした部分が脱色してしまったレディスジャケットです。

お預かり当初は

『ファンデーションが付いた』

と、伺っていましたが、私が一見して

『これは脱色だな』

と思ったと同時期くらいにお客様から

『たぶんヘアカラーだと思う』

と連絡が入りました。

正解です(笑)




ヘアカラーが残っていると、色修正を行った後にも

脱色が進んでしまう可能性がありますので、まずはウェットクリーニングを行いました。

b0148676_1794077.jpg


そして色修正を開始します。

いつもの如く、これみよがしに修正に使う色を載せています(爆)



しかしこれがうまく進まない。

原因は繊維に 『化学繊維』 が混ざっていることでした。

これ、化学繊維100%ですと通常の色修正は不可能になってきます。 

ココも、今勉強中です(苦笑)

b0148676_1794381.jpg


用意した染料をひとしきり使い終わって、

まだほとんど修正できていません。



ここで少し頭を使って一工夫で再度修正を試みました。

するってぇと…

b0148676_1794623.jpg


でけたよ(爆)

袖の向きが反対でしたがお許しを。




色修正は数をこなしてきたことにより、

ずいぶんと出来るようになったと感じています。

しかし、まだまだこれからです。

まだ見ぬ強敵がきっと現れるはずですから。

自分が出来ること、一つ一つクリアして、

お客様から

『キタヤに出会えてよかった!』

と、言っていただけるようにがんばります。




そして今日の合言葉に参ります(笑)

『ドンと来い!脱色!』

ご利用誠にありがとうございます。



『今日のナイスサウンド』 もよろしくね。




The Presidents of the United States of Americaの 『 Lump 』 だぁーーーーーー!

なげぇバンド名だこと(爆)

しかも 『アメリカ合衆国の大統領』 と来たもんだ。(爆)

なんだかふざけてそうなこのバンド。

ふざけてるんだけど、なかなかかっこいいです。

このバンドがすごいのはさらに

3ピースバンドですが、弦の数を足しても

『5本』 しかないってところ(苦笑)

3弦ギターに2弦ベース。

まともなセットはドラムだけ(笑)

実際に音を聞いても、わかんないでしょ?

わかんないどころか逆に音が引き締まって聞こえるから

なかなか計算高いのかもしれませんね?






キタヤのように(爆)





ただのあほかもよ?
[PR]

よー降りまんな。

自転車に乗るようになってから、

雨は嫌いだ。

ぽつぽつ降るくらいなら無理やりでも乗ってやる。

ザーザー降り始めたら、気持ちの行き場がなくなる(爆)



それにしても、自転車って流行ってるんですね。

通勤、帰宅時は当然のことながら、

私が仕事中でも、窓の向こうで信号待ちをしている

ロードサイクラーの多いこと。(そうやって言うのかは知りません)

わたしゃ気恥ずかしいので、普段着でしか乗りませんが、

みなさん、ヘルメットから靴までバッチリ決まってらっしゃる。

車しか乗ってないころの自分は、

『自転車なんて邪魔っけだし、あんなカッコ恥ずかしいし…』

なんて思ってたのに、

変われば変わるもんですな。

今では自転車コーナーへ行くと、

ウェアコーナーもチラッと見ちゃうもんね(爆)





おげ!

そんな変わってきた私がお贈りする

『今日のナイスシミ抜き』 でございます。

シミ抜きも、良い意味で変化し続けたいと思っております!

b0148676_1639532.jpg


アディダスのタンクトップ?をお預かりしました。

うちのおかん(妻=魔女)の同級生の品物ですが、

『おかんのアドバイスを受けて泥汚れの揉み出しをしてみたがうまくいかない』

ということで、お預かりとなりました。

b0148676_16391759.jpg


間近で見ると、結構な汚れです。

揉みだす方法は少々コツがありますので、

手取り足取りしないと、うまく伝授できないかもしれませんが、(足はええやろ)

これだけたくさんですと、プロの私でも揉み出しは嫌になります(爆)

b0148676_16392245.jpg


機械(シミ抜き機)を使って1ヶ所試してみます。

b0148676_16392549.jpg


お!

b0148676_16393073.jpg


おぉ??

き、キレイにはなるのですが、どうやら全体的に汚れているようです(泣)

これは目立つ部分だけ先に処理をして、

全体の汚れは強力な漬け込み処理をしたほうがよさそうです。



全体処理をするにあたって、反射テープやアディダスのロゴマークが

無くなってしまう恐れがありましたので、御本人に直接ご連絡を差し上げ、

了承を戴いてからの作業となりました。

生地自体には問題ないのですが、

プリントなどは消えてしまう恐れがあるほどの強力な処理なのです。



無事に全体処理が終わり、洗浄を施した後

さらに残った部分を部分的に処理をすれば…

b0148676_16395041.jpg

b0148676_16395464.jpg


キレイになりました!

ってか、ごめんなさい!

今、気が付きましたが全体画像が裏向きです(爆)

しかし、間違いなくキレイになっております。




ご家庭で気軽に洗濯できる衣類って、

目立つ汚れが泣ければ、いつでもキレイに洗えてる気がしてしまいます。

しかし、冷水では落ちにくい汚れがどんどん蓄積して

いつしか、本来の色目ではなくなっていることもあるでしょう。

お気に入りの衣類は、洗濯できる品物であっても、

つきに1度、最低でも衣替えの時期には

クリーニングに出されてはいかがでしょうか?

きっと

『クリーニングに出してよかった!』

と、感じていただけることと思います。







キタヤクリーニングならね(爆)

そう言って頂けるように、いつでも全力でがんばってます!



それでは

『キタヤが黒ずみは揉め揉めって言うからやってみたけどキレイにならねぇじゃん』

と、お嘆きの方にお贈りする合言葉!(苦笑)

『ドンと来い!黒ずみ!』


揉んでもダメなときは、キタヤに出してみよう!(笑)

ご利用誠にありがとうございます。






こちらもご無沙汰!

『今日のナイスサウンド』

しか楽しみにしてない人もいるって聞いたけど…(爆)



Foo Fightersの 『I'll Stick Around』 だぁーーーーーーー!

伝説のバンド 『ニルヴァーナ』 でドラムを叩いてた人がボーカル

なんて説明は不要なくらい有名なバンドですよね。

新作も色々出てるようですが、

私の中でこの曲が収録されたファーストアルバム(ファーストアルバムはほぼヴォーカルのデイヴ・グロールのソロですが)

を超えるものが無いのが現状です。

初めて聴いた時はぶっ飛びました。

『あぁニルヴァーナも良かったけど、これがあればいいかも?』

と思ったくらいです。

さらに私は運よく、伝説のフジロック第1回目で

『生FOO』 も観ています(爆)

ゆえに初期のFoo Fightersは私の中で外す事の出来ない

思い入れの深いバンドなのでございます。



若者はもっとロックを聴いてライブへ行ったらええやないすか。

と思う今日この頃でございます。
[PR]

『ドンと来い!』

で、好評営業中でございます。

かなり気持ち的に引き締まってる状況です(苦笑)

体重はこれからですが…(爆)




おげ!

今日も衣類のシミやトラブルでお困りの方に発信する

『今日のナイスシミ抜き』

に参ります!

おっと!

今日は

『今日のナイス色修正』

でございました!

b0148676_1120457.jpg


七郷店より 『脇汗のシミ抜き』 をご依頼いただきました、ワンピースです。

『必要な場合は色かけもお願いします』

と、指示がありました。



ふふっ…

七郷店の受付もなかなかやるようになったもんじゃ…(爆)



地色が濃い衣類の場合、シミと思われる箇所が

元の色より明るい色に変わっているときは脱色も視野に入れて作業をします。

チェックすると、脇には汗染みがはっきりと残っているので

まずはウェットクリーニングします。

b0148676_11204790.jpg


ウェットクリーニング後の脇の状態です。

お預かり時よりオレンジの部分が広がっています。

汗の影響で、染色堅牢度が下がっていたため脱色部分が広がったのです。



ウェットクリーニングで汗はすっきりキレイになりましたが、

色まですっきり抜けてしまいました。

さてどうする?

『色修正』

しかないのですよ。



多くのクリーニング店では、

この脱色が怖くて 『漂白』 や 『ウェットクリーニング』

を避けている節があるようです。(ホントのことは知らんけど)



『キャシャーン(キタヤ)がやらねば誰がやる!』

という思いさえあれば、

あんなに難しいと思っていた色修正もなんのその!

でございますよ。



脱色部分は真っ白ではなく、オレンジ色が残っていますので、

オレンジ色+消えてしまった色=元の色

と考え、『消えてしまった色』 を探します。

慣れてくれば、見た瞬間にわかります。

b0148676_11205189.jpg


まずは半分終了。

そして

b0148676_11205358.jpg


完了!

『ドンと来い!』 は伊達ではないのですよ(笑)




今年は例年になく、色修正や移染(家庭洗濯での色移り)のご依頼が多いです。

猛暑の影響でいつになくたくさんの汗をかいたり、

洗濯においては、普段より水の温度が高くなっていたことが原因と考えられます。



『脇や背中が変色してる!』

『お気に入りのTシャツを家で洗ったら変な色が付いてた!』



そこですぐに

『クリーニング屋へ行こう!』

と、考えたあなたは偉い!(笑)

しかし、どんなクリーニング屋でもシミ抜きや色修正が出来ると思ったら大間違い。

ほんの一握りしかないのが現状です。

最初に行ったクリーニング店で無理だとしても、

あきらめないでください。

きっと何とかしてくれる実績のあるクリーニング店が

ココに 『しみNAVI』 

あるはずです。

もちろん、キタヤクリーニングも載ってます(笑)

クリーニングの無限の可能性をお伝えするために、

キタヤは今日も行くのである!(どこへ?)


そうです!

『ドンと来い!脇の脱色!』


なのです。

ご利用誠にありがとうございます。


今日もナイスな 『今日のナイスサウンド』 



Ministryの 『 Just One Fix』 だぁーーーーーー!

いやぁ~もう言うことナスだな(笑)

『インダストリアル・ロック』

というジャンルのパイオニアであるこのバンド。

まぁ。そんな色分けは必要ないくらいにカッコよろし。


Ministryの曲ってなぜかテレビのバラエティー番組で使われることが多いんですが、

なんででしょ?
[PR]

雨ですが。

糸貫工場店の看板がリニューアルしました。

b0148676_15434636.jpg


『ドンと来い!』


とうとう公にしてしまいました。

いや、良いんですけど(笑)

今まで以上にたくさんの方のお役に立てれば幸いです。



それから、平日の営業時間が

AM8:00~

でしたが、

AM9:00からの営業に変更になりました。

宜しくお願いいたします。




仕上がった看板を見て、従業員からは

『今まで以上に大変になっちゃいませんか?』

と、言われましたが、

『ドンと来い!』

と答えておきました(爆)



キレイに出来るはずなのに、いとも簡単に

『このシミは落ちませんでした』

と、言い続けているクリーニング業界にあって、

キレイに出来る事実を伝えるために、誰かがやらなければいけないのです。

そう!

まさに、

『キャシャーンがやらねば、誰がやる!』

なのです(爆)

クリーニング界のキャシャーンとなって、

これからも悪のアンドロ軍団(シミ)と戦い続けていく所存でございます。



看板だけのリニューアルですが、

気持ちも新たにがんばって参りますので、

今後とも宜しくお願いいたします。




もちろん今日のナイスサウンドは…



『新造人間キャシャーン』 だぁーーーーーー!

最高です。

未だに胸が熱くなりますね。


『キタヤがやらねば誰がやる!』

ってね(笑)
[PR]

# by kcdc | 2010-09-30 16:33 | Others