<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大変長らくお休みを頂いておりました。
忌々しい『椎間板ヘルニア』と言うやつです。

動くことも出来ず、椅子に座るなど究極の拷問。
棒立ちか横になるのが、一番楽な姿勢なのです。
以前、ぎっくり腰を発症した時も同じ状態だったのですが、多少若かったお陰か4日もすればケロリと治ったのでした。

今回は『ぎっくり』してないにも拘らず、じくじくと痛み始め次第に動くと激痛が走るようになってしまったのです。

クリーニングと言う仕事は、腰を患っている方が多いと聞いたことがあります。
クリーニングし終わった品物をハングアップする作業は、腰の曲げ伸ばしの連続ですし、水に濡れた大量のワイシャツや毛布類を運搬する作業は、知らず知らずのうちに腰に負担をかけるのでしょう。

そして染み抜きに力を入れておられるクリーニング店でしたら、ほぼ1日中座りっぱなしという状況も珍しくありません。

『疲労と運動不足』

そんな事言われてもねぇ…
まだまだ気持ちは若いつもりなのですが、こういうところに出ちゃうってのを実感しております。

ここまで書いて、すでに腰が痛くなってきました…
そんなこと言ってても仕方ありませんので、じっくりしっかり治して行きたいと思います。
皆様も、疲労と運動不足を軽く見ないよう、健康管理には十分ご注意くださいね。

それでは、今日やったわけではありませんが、『今日のナイスシミ抜き』に参りましょう。

キタヤクリーニングでは、高級ドレスシャツのクリーニングが的確に出来ます!と言うことをアピールさせて頂いております。
その甲斐あってか、高級シャツの受注が多いクリーニング店だと思っております。

受付の際、普通のワイシャツ、オーダーワイシャツ、高級シャツ等を見極め、お客様にその工程の違いをご説明差し上げ、本来の状態で着用して頂けるようアドバイスさせて頂いております。

本来の状態…

今まで他店をご利用していたお客様のシャツに、オーダーシャツや高級シャツなのに普通に大型洗濯機を利用して高温で長時間洗ってしまった品物の多いこと…

せっかくのシャツが、襟やカフスがキュンキュンに縮んでしまって、何たる姿!
何回も繰り返し、普通に洗われてしまったシャツですと、完全に元の状態に戻すのは厳しいかもしれませんがそれでもかなり良い状態にしてお渡しすることは出来ます。

こういったお客様は、かなりの高確率で、キタヤクリーニングのリピーターになって頂けます。
シャツにこだわりありなのです。

私、こだわりの為に、普段からイタリアの高級シャツ『ルイジ・ボレッリ』を毎日着用しております。
こんな高級シャツ、普通で考えれば私なぞ、到底購入出来るような代物ではないのですが、新品の状態を知ることが出来なければ、到底『元の状態に戻す』ことは不可能だと思い、今に至ります。

今回お預かりした高級シャツは『グッチ』です。

b0148676_140454.jpg

ブランドにもシャツにもこだわりがなく、気にしていないクリーニング店でしたら『普通に洗っちゃえばキレイになるでしょ』と思ってしまうかも知れません。

普通に洗えば、見事に縮みます。

デリケートな素材を使用していますので、例えキタヤクリーニングが洗ったとしても、多少の縮みは発生してしまうのです。
それを仕上げで元の状態に戻すのです。

その前にご依頼頂いた染み抜きも行います。
b0148676_1442834.jpg

b0148676_1444042.jpg

汚れてしまったカフス。

もちろん、普通に洗って落ちるシミではありません。
染み抜きを普通に行っているキタヤクリーニングとしましても、多少厄介なレベルのシミでした。
b0148676_14122538.jpg

b0148676_14123986.jpg

キレイになりました。

直接肌に触れ、毎日着用するものですから、キタヤクリーニングはこだわり続けて行きたいと思っています。

シャツにこだわりのあるお客様でしたら、ぜひクリーニング店を選んでください。
探してもなかなか見つからない場合は、ぜひキタヤクリーニングにご相談ください。

さて…とくれば、あのお時間ですよ。
ホント、長らくお待たせしちゃいましたね?
こらこら、そこの君。
待ってないとか言わないの♪

それでは参りましょう。
『ドンと来い!高級シャツ!』
ご利用ありがとうございました。

さて、と2度目がくれば恒例のアノお時間ですよ。
レディスアンドじぇんとるめん、おとっつぁんおかっつぁん!
『今日のナイスサウンド』おまんたせいたすますたぁーーー!

プチ復帰第一弾は景気良く行ってみましょう!
THE ROCKERSの『可愛いアノ娘』どぉあーーーー!

ロッカーズ活躍当時は、わたくしバリバリのOI!パンクでしたので、MA-1にスキンヘッド(ただの坊主頭)、ロッカーズなんてチャラチャラしたもんわ、ありえんと思っていました。(実際はチャラチャラしてたはずですが)

しばらくして、ボーカルだった陣内さんが『ガッガッガッとギア!』の男用パックのCMで芸能界デビューした頃に、色気づいた私はようやくロッカーズが気になるのでした(爆)

いやいや、こりゃ人気が出るはずです。
ノリノリのロックに色気のある陣内さんのボーカル姿。
ちょっと前に公開された映画『ROCKERS』の影響もあって、今では子供を含め、我が家において外せない
ロックとなっています。

三男は若干4歳にして将来の夢は『ギターの谷君』だそうな。

すでにKC/DCの快進撃は始まってるぜぇ~!
って言うか、後何十年後?(爆)
[PR]

入梅したとは言え、宣言された途端に雨は何処へ?というのが例年のパターンですね。
今日もジメジメだけ残して6月の空でございます。

そんなジメジメを吹っ飛ばす、スカッと爽快な『今日のナイスシミ抜き』でございます。(あまり深く追求しないでね)

今回お預かりさせて頂きましたのは『コム・デ・ギャルソン』のシャツでございます。

b0148676_17142164.jpg

もともとが『生成り』の色合いではないか?というくらい全体に黄ばみが発生していました。

b0148676_17184835.jpg

左肩の黄ばみ。
b0148676_1719435.jpg

右肩の黄ばみ。

左肩が手前の位置に、もしくは日の当たる位置で保管してあったのだろうと思われます。
もちろんエリも…
b0148676_17223262.jpg

黄ばんでいました。

特にひどいのは、肩から襟にかけての部分に集中していましたので、プリント部分の色落ちに注意しつつ、ここをクリア出来ればイケルと感じました。
生地の状態を確認し、少しづつ漂白をしていきます。
肩、襟、そして二の腕の辺りまで漂白しましたが、やはりかなりしつこいです。

漂白を繰り返し、ほぼ取りきったところで全体漂白で処理。
その後、しつこい部分をスプレー漂白で処理を繰り返し…

b0148676_1831388.jpg

じゃじゃーん!
b0148676_1844398.jpg

じゃじゃーん!
b0148676_185302.jpg

じゃじゃーん!
b0148676_186650.jpg

じゃじゃじゃーん!

くどかったですね。
しかし、キレイになりました。
腕の辺りが赤っぽいのは、プリントが透けて見えるだけですからね、念のため。

白いシャツを白いまま着たいと思うのは当たり前なのですが、何気なくご家庭で洗濯されても少しずつ黄ばんで行ったり、少しでもケアを怠れば、あっという間に残念な結果となってしまうことでしょう。
大切な衣類は、ぜひキタヤクリーニングにお任せくださいませ。

さて、それではお時間となって参りました。
ご用意をば…
『ドンと来い!スゴイ黄ばみ!』
ご利用ありがとうございました。

ジメジメを陽気に吹き飛ばす『今日のナイスサウンド』

LA-PPISCH(レピッシュ)の『パ・ヤ・パ・ヤ』だぁーーー!

むぅ…懐かしい。
しかし、今聴いても新鮮サウンド。

キーボードを担当しているのは、昨年お亡くなりになった『上田現』
あの『元ちとせ』に楽曲を提供し、ヒットしたことで一躍有名になったお方です。
レピッシュに在籍していたことは、今の方には馴染みがないでしょうね。

テレビで元ちとせの『ワダツミの木』が流れ、クレジットを確認した時『おっ!』と思ったもんじゃよ。(誰じゃよ)

まぁまぁ。
でも、レピッシュもなかなか良いもんでしょ?
今でこそ、スカというジャンルは珍しくもないですが、日本でスカを浸透させた立役者の一味ですからね。

一味といえば、あの『THE BOOM』も日本のスカの立役者といわれてましたが、イギリスのスカバンド『バッド・マナーズ』来日公演時のインタビューで『これが日本のスカです』とインタビュアーが、数バンドの楽曲を聞かせたところ

レピッシュ…『おぉ!これは良いねぇ!』

THE BOOM…『……ふぅ…これはひどい…』

と言わしめ、私の中でTHE BOOMはすっかりスカではなくなってしまいましたのです。(爆)
だけど、日本でメジャーになったのはTHE BOOMでしたね。

そういえば、カラオケで歌う回数が多いのもTHE BOOMのほうだな…

ま、そんな勝手なやつ(俺)はおいといて、私もクリーニング界の立役者の一人になれるよう、頑張って行きたいと思っております!(超強引な〆で反省中)
[PR]

とうとう入梅しちゃいましたね。
夜の雨は嫌いじゃないです。
何とも言えない雨音の子守唄は、私を深い眠りへと誘います。

昼間の雨は嫌いです。

ヘアーも乱れるし…(乱れるようなヘアーじゃねぇし…)

お客様におきましては、まだクリーニングに出していない冬物衣料が御座いましたら、汗や汚れ残りでカビや黄変が発生しないうちに、ぜひクリーニングにお持ち下さいね。

さて『今日のナイスシミ抜き』は『ブドウ』がついたバーバーリーのメンズコットンパンツです。

b0148676_15523672.jpg

b0148676_15524753.jpg

支店よりお預かりのこのパンツ。
管理タグを確認すると受付嬢よりこんなコメントが…
b0148676_1554974.jpg

燃えるパターン。(爆)

何が付いてても、特に気にせず作業に取り掛かるのですが、こうやってタグに書いてあるとどうしても燃えてきてしまいますね。

いつもどおり、冷静に染み抜きするまでです。

多くのクリーニング店では『染み抜き』を店頭に謳ってあったとしても、なかなか一歩踏み込んだ染み抜きは行っていないものです。

『生地の色がはげたらどうしよう…』
『傷が付いたらどうしよう…』
『縮んだらどうしよう…』

シミの抜き方以前に、失敗した時のことを考えるとなかなか一歩踏み出せないものです。

だけど、キレイにしてこそクリーニング。
マイナス要因をカバーする技術や薬品を使用して、何とか今よりもキレイな状態でお客様にお渡ししたいと言う熱い思いを持って一歩踏み出すのです。

話が長くなりました。

今回のこのパンツは部分漂白の後、お決まりの『アミノトリートメント』による全体漂白を行いました。
アミノトリートメントは衣類を縮めにくく、汚れをしっかり落とし、仕上がり後の手触りも最高と言う、現在考えられる最高のウェットクリーニング用洗剤なのです。
b0148676_16322051.jpg

b0148676_16323936.jpg

如何で御座いましょう。
キレイになりました。

『どこのクリーニング店でも落とせなかったシミ』を落とすことが出来た喜びと『キレイになって、また履ける』と思って頂けるであろうお客様のことを考えると、まさに私の喜びは『二倍、二倍!』(by高見山)なのです。

こちらをご覧の方で、今回と似たようなケースの品物をお持ちの方がお見えになりましたら、是非一度キタヤクリーニングにご相談下さいませ。

さて、お待ちかねの時間がやって参りました。
用意はいいですか?
『どドンと来い!落ちなかったシミ!』
ご利用有難う御座いました。

ok!今日のナイスサウンドいってみよー!

有頂天の『心の旅』だぁーーーーー!

いやぁ~有頂天大好きでした。
ライブも何回行った事やら。
ボーカル『ケラ』の奇妙な動きが大好きでした。
見た目で…いや楽曲もか、一般的ではないんですがニューウェーブな感じが当時の自分のつぼにはまってました。

心の旅が元々チューリップの名曲だと知ったのは随分後だったような気がします。
やはり、元歌が良いとへんてこりんなアレンジになったとしても、心に響く何かがあるのでしょうね。

しかし『有頂天』とは何と言う痛いネーミングなのでしょう。

特に私にとっては…(爆)
[PR]

ひゃっほーーい!
パソコン復活でございます!
今回もまた『イケテル花屋』のマスターのおかげでございます!

あんた、天才や!

初めてこちらにいらっしゃった方も、長々とお待たせしてしまったあなたも、今後とも宜しくお願いいたしますぅ。

さて、復活1発目の『今日のナイスシミ抜き』はこちら。

b0148676_1820956.jpg

ニットのワンピースに起こってしまった『脇汗』の黄ばみです。
b0148676_18211559.jpg

普通に見れば何てことない感じですが、脇はこんな感じで汗による黄ばみが発生しています。

お客様によると、昨年のシーズンオフの際、クリーニングに出してオプションで『汗抜きドライ』をやってもらったそうです。
クリーニングから戻って来た時は何ともなかったそうなのですが、今年着ようと思って出してみれば、黄ばみが発生していたということです。

…汗抜きドライ意味なし…

私、汗抜きドライを使い込んだことはございませんが、きっと少量の汗なら問題なく除去できるのではないでしょうか?
しかし、これからの時期に着用するような薄手の衣類ですから、汗も少量では収まらないことでしょう。

この黄ばみ、もちろんキタヤクリーニングでしたらキレイにすることが可能です。
しかし、できない場合もあるのです。

こちらは、とてもよく似た別のお客様よりお預かりした品物です。
b0148676_1832263.jpg

こちらも似たような脇汗による黄ばみが発生していました。
b0148676_18335262.jpg

本当によく似ています。

しかしこちらの品物、写真で見るよりも相当に状態が悪かったのです。
黄ばんでいる部分は盛り上がっており、脆化がひどく少しでも処理しようとすると、いとも簡単に生地が『ポロポロ』と取れてしまいます。
処理を続ければ、黄ばみに沿って生地が破れてしまい、袖が取れてしまいますので、断念してお客様にお返しいたしました。
きっと、普通にクリーニングしても袖が取れるのでは?と思うくらい脆化が激しかったのです。

こういうケースは、残念ながらどうすることもできません。

しかし、先にお預かりしたニットは脆化がそれほど進んでいない状態でしたので、お預かりいたしました。
ただ、一点の不安がありましたが…

しっかりと『ウェット処理』をしていなかったために起こった黄ばみ。
残った汗が、この後の処理およびクリーニングをした際に悪さをしなければよいのだが…

結果は思ったとおり。
b0148676_18445923.jpg

残った汗により弱くなった染色。
そのため、黄ばみを残したまま脱色してしまいました。

ここまでは想定内です。
生地の脆化(黄変による生地の痛み)がひどくなければ、何とかなりますよ。

黄ばみの漂白処理後、アミノトリートメントによる全体漂白を行い、色修正を行いました。
結果はどうでしょう…
b0148676_18532811.jpg

キレイになりました。
画像は片側だけですが、実際は両脇の処理を行いました。

ひょっとしたら、脇の黄ばみは取れないと思ってあきらめている方は多いのかも知れません。
でも、生地の痛みが進行していなければ、こうやってキレイにすることは可能なのです。

『そういえば、私も捨てられずに持ってるわ』という方『どこに出しても取れなくてあきらめたわ』という方、お見えになりましたら、ぜひ1度キタヤクリーニングにご相談くださいませ。

さて、それでは超久しぶりにいってみますか?
どうなんですか?(何で威張ってる?)
もちろん、参りましょう!
『どドンと来い!脇の黄ばみ!』
ご利用ありがとうございました。

さぁて、最近『今日のナイスサウンド』がなくて毎日ピリッと来なかった、そこのあなた。
お時間がやって参りましたよぉ。

葛城ユキの『ボヘミアン』どぁーーーーー!

なんだこのシャウトわ!
かっこよすぎでしょ!
『ボヘミアぁーーン!』って一発シャウトするだけで参っちゃう。
久米宏の曲紹介もしびれちゃう(爆)

こんな声の持ち主、日本じゃ、しかも女性じゃなかなかお目にかかれません。
もっともっとたくさんの曲がヒットしてもいいのに、と思うのは私だけじゃないと思うんですけど…
いい曲に巡り合えないだけでしょうか?

そう言いながらも、アマゾンの『ウィッシュリスト』に入れた『葛城ユキベスト』を、なかなかポチッと出来ない私なのでした(爆)

ちなみに『葛城ミサト』も好き…言わんでええか。
[PR]

ご無沙汰ですね、エビバデ。
すっかり更新が遠退いているのですが、実はまたしてもパソコン壊れた。

なんちゅうか、本中華。
運が悪いのか、パソコンが悪いのか。

とにかく、ノーウェイで御座います。

そんな気持ちを代弁する『今日のナイスサウンド』

宇宙戦艦ヤマトのエンディングテーマ『真っ赤なスカーフ』だぁーーー!

寂しい気持ちを表したかった今日のナイスサウンドですが、歌詞をよく聴き直してみれば、なんとも勘違いな男心が笑えて来ちゃいますよね。

ま、そんなことは置いといて、みんなでさぁ

らぁらららららぁ~♪

しばし待たれい、皆の衆。

[PR]

by kcdc | 2009-06-02 23:58 | Others