カテゴリ:Others( 57 )

台風がやってくる。
岐阜は何とか大丈夫そうかな?
関東の方が影響ありそうですな。
関東方面の読者の皆さん!(もしいたら)お気を付け下さいね。

昨日は、お休みをいただきまして、買い物としては初!名古屋の高島屋に行って来た。
目的はシャツ。(エリ付きのやつね)
シャツと言っても、自分が普段着として欲しい物ではなく、クリーニング業に於ける洗浄と仕上げの勉強のための買い物だ。

オイラ、普段からエリの付いたシャツを着て仕事をしています。
元々は、Tシャツとかトレーナーを着てやってたんだけど、なるべくクリーニングを出して下さるお客様の気持ちを知ることが出来る様にシャツを着始めました。
もちろん『キタヤの人は着ているシャツがパシッとしとりんさる』と感じて頂くためのアピールも含めてです。

ここ最近の話し、服全般ではありますが、特に男性のシャツ(Y シャツ)にこだわりが見られるようになって来ました。
自分自身も、シャツを買うときは値段もそこそこ(¥5000程度)で形や色柄をこだわって選んでました。
やはりお客様の品物も、自分と同じ様なタイプのシャツが増えました。
そしてまた、高級シャツも増えてきたのです。
バーバリー、ダンヒル、ミラショーン、ポールスミス等などのブランド品です。

自分が着てるようなシャツでも、昔に比べると格段にかっこよくなっています。
しかし、と言うかやっぱりと言うか、ブランド品はそれ以上にいいです。
素材がいい、形がいい、細部に渡っていい、ブランドである事がいい。

キタヤはシャツの仕上りもこだわっています。
その甲斐あってか、ブランドシャツのお客様は、大抵次も持ってきていただけます。

しかぁーし!
高級シャツを着たことのない自分が、キタヤ側だけの目線で仕上りオッケーサインを出して良いのか?
と、感じ始めたのじゃ。
ちょうどその頃、自分も参加している『ダントツクリーニングクラブ』の講習があり、自分は仕事の都合で参加できなかったけど妻が代わりに参加しました。
帰ってくるなり『会長のシャツがメチャクチャかっこよかったよ!でもヤバイよ、どうやって仕上げるんだ?』『あのジャケットはどうしよう?』などとブツブツ言ってるじゃないですか。

お客さんの品物を待ってる訳にも行かないから、やっぱり自腹で研究しかないっしょ!

出掛ける前にリサーチをしました。
ネットにて『高級シャツ』で調べてみると、お!さすがは我がダントツクリーニングクラブ!
『高級シャツのクリーニング』で早速上がって来るではないですか!
と感心しながら調べていくと、シャツといえばイタリア・ナポリという事らしい。
そして『ルイジボレッリ』に当たった訳です。

b0148676_16401226.jpg

他のシャツを着てから、ボレッリを着た人は次からはボレッリしか着ない。

そんなフレーズがあった。
『ホントかよ?』
そう思いつつも、そこまで言わせるシャツというものがとても気になり始める。
更に調べると、名古屋の高島屋で取り扱っている事がわかる。
他のブランドもたくさん扱ってるし、行くしかないな。

で、高島屋な訳だ。

7Fメンズフロア。
おーブランドいっぱい!
おーシャツ選び放題!(当たり前や)
バーバリー、ダンヒル、FRAY、後なんだったっけ?(こらー!)
見放題だ!(当たり前!)
『なるほど』『フムフム』『おーこんな高いんか!』等など、普段洗っている品物が新品で置いてあるというのは、なかなか新鮮な気分です。
色々見ていると、知らない内に目的のボレッリの前に来ていました。
最初は見過ごしました。

だって、棚に畳んだ状態で陳列されているんだけど、派手さは無し、ブランドのロゴだってハッキリ言って目立たないし、むしろ他と比べればショボイよ。

シャツを手に取り、眺め出すとすかさず店員がやってきた。
『むぅ、これがボレッリ効果か?』なーんて事はないと思うけど、悪い気はしませんな。
店員さんとシャツのあれこれを話しましたが、やっぱり殺し文句の『お客様も言っておられましたが、ボレッリを着たら次もボレッリ、他のシャツは着れないそうですよ』ときた。

『そんなに言うなら着させてもらおうじゃねーか!』
と、ささやかに心の中で叫び、試着させていただく事に…

値段をチラリと見ながら、ビクビクしつつ袖を通す。(確実に他のシャツの倍以上)
『ムゥ!何だこれは?』
こんな肌触りは初めてで、コメントも出来ません。
これが綿?
着ていない様な肌触り?(おかしい)
とても優しい。
そして、もちろんこんなオイラが1.2倍くらいは(微妙~)良い男に見えそうなエリや腕のライン。
似合うかどうかは別として、とても綺麗だ。

まだ、試着のみなので何ですが、こりゃ、他のシャツが着れなくなるってのもウソじゃないな。

『んじゃ、これでお願いします』
なーんて、軽く言ったかどうかも覚えちゃいないが、購入。
しかし、イタリアンシャツが、この日本人体系バリバリのオイラがそのまま着れる訳もなく、袖を切り落とすために採寸。
来週仕上がるそうだ。

楽しみだ。
このシャツを着て、おねーちゃんのいーっぱいいるお店に…ではなーーい!(決して!)
このナポリのシャツを洗って仕上げ、そして自分で袖を通したとき、果たしてキタヤは合格点を出せるのか?という事。
越えるべき、多くの山の一つです。

頑張るぜ、キタヤ!(自分たちを応援してばっかです)

今日のナイスサウンド!(応援歌)
ラモーンズ無き今、こいつしかネーナ!

グリーンデイの『マイノリティ』でお別れさ!
[PR]

by kcdc | 2008-09-19 20:42 | Others

もうお盆休みの方も多数いらっしゃると思います。
キタヤも明日14日~17日までお盆休みをいただきます。

お盆休みと言えば、お墓参りへ行かれたり、海や山で遊ばれることで御座いましょう。

お墓参り…
昔は「そんなの関係ねぇぜ!」と思ってましたが、この年になってくると関係ある気がしてきます。
ロックなブログをやりつつ「墓参りへゴー!」とは声高に言いにくいですが、皆さんも出来ればお出掛けなさった方が宜しいかと…控えめにネ。
もし行けないとしても、心の中で少し思い出すだけでも良いと、どこかで聴いたことがあります。

今日、仕事をしていてふと思い出したことがあります。

そんなに遠くない昔、割と常連のお客様がキタヤの受付嬢に衝撃の告白をされました。
「余命が半年」だと。
何ゆえ、そんな衝撃的なことをここで話していくのか、最初は理解に苦しみましたが、「息子にはここにクリーニングを出せば良い」と伝えたと言う話を聴き、納得しました。
その後、「旦那さんはまめにクリーニングしないから」と言って、お見えになる度に大量に品物を出されていました。

そんな事はすっかり忘れていたある日。

礼服をクリーニングに出しに見えた、年の頃なら30代前半の男性のお客様がいました。
レジにお客様番号を入力すると、画面に見覚えのある名前が…
次の瞬間、あのお客様のあの言葉を思い出しました。
直接ではないですが、リアルな現実を見た気がしました。
頭が真っ白になって、何も言えなくなりました。

今でもその男性は月に2回くらいはお見えになっています。

今日、ふと思い出し、心の中で「ありがとうございました」とつぶやくオイラなのでした。
今日はロック封印!「この曲」で閉めましょう。

良いお盆休みをお過ごし下さいませ…

[PR]

by kcdc | 2008-08-13 17:57 | Others

会社のパソコンが壊れた。
まだ新しいのに。
原因は不明…
と言うより、最も怪しいのは電気代を安くするエコマシーンみたいなやつの確立が高いみたい。
パソコンの基本は110Vの電源らしく、日本の規格は100Vでパソコンにとってはギリギリなんでしょうが、エコなやつを入れるとさらに電圧が下がるため、ショックでパーなんだろうね。

昇圧機を入れるも、時既に遅し。
友達のKさんに復旧作業を依頼中です。
ごめんね、K(呼び捨て)

家で書けよ!とも思うのですが、帰ってくると完璧に腑抜けモードです。
気にしてくれてる諸君は、本格始動までしばし待つのじゃ。
気にしてない君も、また覗いて見てねっ!

アディオス・アミーゴ!

[PR]

by kcdc | 2008-07-14 20:14 | Others

はぁ~い!みんなげんきぃ~!
あたしゃ、今日も元気です、ハイ、ありがとさん。

今日は腹が減ったのでグルメネタ。
ってかさぁ、外から良いにおいが漂ってくるのよねぇ。
そいつの正体はこいつだっ!

b0148676_18144462.jpg

キタヤの一角に、なんと餃子の屋台があるのだ!

例の冷凍餃子事件以降さ、なかなかお家で気軽に餃子って訳にも行かなくなったでしょ?
食べに行けばいいんだけどさ、めんどくさい時もあるじゃん。
ここならさ、電話すれば焼いておいてくれるし、もちろん生で持って帰ってお家で焼いて食べることも出来るのさ。
最高だっ!
しかも超うまい!

何でキタヤにあるかってぇ?

元ネタはこちら…
b0148676_18225929.jpg

岐阜市芥見の名店、そう!「餃子飯店パンダ」でござーい!

その繋がりがよく解んないってぇ?(誰も聴いてないと思うけど、勝手に進めとるな)

オイラの奥さんの実家だよ。
思い起こせば10年前、初めてここで餃子を食ったとき、「俺はこいつ(餃子)と結婚するぜ」と思ったもんじゃよ。(多少の脚色がございます)
それくらい、んまい。

だってこれだぜ?
b0148676_18341233.jpg

うほっ!

もちろん、餃子だけうまくたって、俺は認めねぇ。
b0148676_1836435.jpg

うっ?!やるやんけぇ、あっさりピリ辛、なのに奥行きがあるこのベトコンラーメン!
んまい。

こいつぁどうだ!
b0148676_1839376.jpg

むぅ…色艶からして間違いない…んまい。

いくらファミリーだからって、まずかったら俺は宣伝しないよ。
んまいです。

腹へってきたぁ?
そうか、俺も減った。

だから帰る。

っと、その前に、これからもまだ仕事をがんばる君へ、そしてまた、これから夜の街でがんばるおじさんに送る今日のナイスサウンド!

b0148676_18502787.jpg

エレファントカシマシの1stだぁ!

「ウコンの力」で流れてるあのエレカシを想像する人は、ちょっとメン食らっちゃうぜぇ(ラーメン繋がり)
俺の中のエレカシはこの1stの荒々しく、皮肉たっぷりで、怒りをぶちまけながら絶叫するロケンローに限るのだ!
絶対売れてないと思うので、その辺で入手できないかも知んないね。
だって、出た当時は「ジュンスカ」なんかの人に優しいパンク風なのが流行ってたからね。(当然、オイラも影響受けてますけど)
なのに、エレカシときたら、怒ってますよぉ~、シャウトしてますよぉ~
俺も、CD終わるころには喉ガラガラだから。(歌わないと気が済まないタイプ)
元気になりたかったら、時々こいつを聴いて怒ってみよぉ~!(迷惑かけないようにねっ)

あぁ、腹減った。
[PR]

by kcdc | 2008-07-09 19:09 | Others

やーな天気。
ジメジメだし、急に雷鳴って土砂降りだし。

それでもお店の方は「ピンポ~ン、ピンポ~ン」と来客を知らせるアラームが、何度も続けて鳴っています。
7月から始まった「布団類のセール」の影響と思われます。
衣替えの忙しい時期に、クリーニングの一切合切をお受けしてしまいますと、工場内がパンクしてしまいますので、お客様に了解を頂いて待っていただきました。
無理を承知で待っていただくということはとても不安であります。
他のクリーニング店へ行ってしまわれないかと。

しかし、結果としては先程の「ピンポ~ン」が示すように、皆様持ってきて下さいます。
本当にありがたいことです。
待ってくださったお客様全員にチューをしたいで…うそです、それくらいの気持ちです。
キタヤに出していただければ、損することはございません。

DIYの昨今、コインランドリーで布団・毛布類をご自分で洗濯される方が増えています。
キタヤの従業員もコインランドリーで毛布を洗ったそうです。
洗うのは問題ないみたいですが、乾燥機に時間がかかってお金が結構な金額になったそうです。
「キタヤで洗えば良かった」…と。
キタヤでしたら安心安全最高のクリーニングで、抗菌加工はもちろんのこと、頬ずりが止まらないフワフワ感をご提供しますよぉ!

以上、感謝と宣伝の項は終わりっ!

次っ、今日のナイスサウンドのコーナー!

熱心な読者さんのコメントで「今日はこいつに決めたぜっ!」と意気込んだ俺のナイスサウンド…が、ナァーイツ!
ボ・ガンボスの1st「ボ&ガンボ」を聴くはずだったのに、こないだ帰り道に車でガンガンに聴いて、そのままお家で眠ってるみたい。
「ノォーっ!」
俺の気持ちは治まらず、その辺を探しまくると…
あったあった!
オリジナルじゃないけど、こいつだ!

b0148676_18445067.jpg

「Colla Bo Gumbos Vol.1」だぁ~!
この豪華なメンツはどうだい?

1. 泥んこ道を二人 / Leyona & 東京スカパラダイスオーケストラ
2. 魚ごっこ / 渡辺美里 & 東京60WATTS
3. 夜のドライブ / 甲本ヒロト & ROCK'N ROLL GYPSIES
4. 助けて!フラワーマン / トータス松本 & BLACK BOTTOM BRASS BAND
5. 絶体絶命 / うつみようこ & マチルダロドリゲス
6. もしもし!OK!! / THE BAND HAS NO NAME (奥田民生 & SPARKS GO GO)
7. トンネル抜けて / UA & little creatures
8. ポケットの中 / SOUL FLOWR UNION & THE GROOVERS
9. 夢の中 / YUKI & 麗蘭
10. ダイナマイトに火をつけろ / YO-KING & THE PRIVATES
11. あこがれの地へ / 今野英明 & 吾妻光良&The Swinging Boppers

商業目的っぽい気がしなくも無いが、ミーハーなオイラにはバッチグーよ。
これはこれで、気分も上がるってもんだ。
俺が「どんと」になりきって歌うからオッケーです。
時々、お客様の視線に固まる会長でした。

おげ、おげー!
シーユーネクストタイムさ、ベイビーたち!(冷たいコメントはお断りさ)
[PR]

by kcdc | 2008-07-06 19:02 | Others

いやぁ~雨上がりはカラッとしてるからいいよね。
こんな日は洗車でもしてドライブでも行きたい感じでした。

仕事してたけどね。
工場内は体感37度ってところかね。
汗がタラタラと流れ、「これで脱メタボリックだぜ!」と行きたい所ですが、んな甘くないですよね?
ご飯が更においしい今日この頃です。

そんなどこかのメタボオヤジに喝を入れるナイスサウンドはこいつだっ!

b0148676_18142953.jpg

THE BACILLUS BRAINS(THE 日本脳炎)のアルバム「C・O・S・M・E」です。
昨日、なんだかんだと「前向きにやってかなあかん」と言いつつ落ち気味だった私は、これでわいかん!と帰り道に何かを求めてタワレコへ。
そこで出会ってしまったんですねぇ。
このアルバムジャケットやタイトルとバンド名のギャップはなんだぁ?
昔々の日本のハードコア/パンクにあったようなバンド名に即反応。
早く聴きたいので、速攻車へ戻ります。(ちゃんと買ってからですよ)
そしたらどうだい!
久しぶりにビーンときちゃったよ!
痛快ロケンローですよ!
ロックなんてもうやりつくしちゃったんじゃないの?ってくらい世の中にあふれてますが、そのバンドの勢いや思い、その時の自分の精神状態なんかでいくらでもナイスサウンドは増えていくんですよね。
いやいや、やられました、カッコええよTHE BACILLUS BRAINS(THE 日本脳炎)
こういう出会いがあるから音楽は良いんですよ。

だから「ロックはロールしていくぜ!♪」
はい!みんなで~

「……」

んん…本題に移ります。

ロックな出会いもそうですが、人との出会い、これ重要ですよね。(ロックを引き合いに出さなくてもいい気はしますが)

「FC岐阜」
岐阜県が誇るプロフェッショナルサッカーチームです。
岐阜県民の方でしたらほぼ全員、サッカー好きの方でしたら知ってらっしゃる方も多いことではないでしょうか?
当社はFC岐阜のオフィシャルサプライヤーをやらせて頂いております。
サプライヤーはお金を運営に役立ててもらうのではなく、技術や行為を運営に役立ててもらうことを言います。(と思っています)
キタヤにおきましては、選手のユニフォームやタオルなど無償でクリーニングして、毎回フレッシュな気持ちで試合に挑んでいただけるよう、陰ながら応援しております。
b0148676_195513.jpg


星の数ほど(は無いと思います)あるクリーニング屋から、なんでうちが洗うことになったか?
これが出会いのマジックなんですよねぇ。

ある日友達から電話がありました。
友達「ねぇ、FC岐阜って知ってる?」
俺 「しらねぇ」
友達「ユニフォームを洗ってほしいそうなんだけど」
俺 「はいぃ~喜んでぇ~!」
友達「ただで…」
俺 「えぇ~っ!?」

話をよく聞くと、県民、地域の企業など一丸となって岐阜にプロのチームをつくりたい!と言うことらしい。
「地域貢献…」
その言葉に弱い。
FC岐阜の人にまだ会ってないけど、もう断れないっしょ?
誰にも相談せずに、FC岐阜の方と会うことを決定。

後日、FC岐阜の方がお見えになりました。

FC「はじめまして、私FC岐阜の…あっ!?」
俺 「こんにち…あっ!?」
両者「なぁんだぁ~!!」

FC岐阜からお越しになったのは、昔よく遊んでもらったお友達(無論、この言い回しですから年上の方です)だったのです。
最初からそのつもりではありましたが、更に話はとんとん拍子です。
結局誰にも相談することなく本決まりです。(われながら凄い勢いだ)
もちろん、ちゃんとした契約ですから、しっかりとお話をしましたよ。

FC岐阜の熱い思いは伝わりました。
そこを通じて、微力ながらお役に立てればと思いました。
おかげさまで、念願のTV出演も果たしましたし(そこが狙いかっ!)、多くの方に知っていただける機会もいただきました。

広くて狭い世の中ですよねぇ?
同級生とか、昔の彼女とか?バッタリ会ってもよさそうなのにまったく出会わないけど、こう言う再会はあるのよねぇ。
うれしいねぇ、不思議だねぇ。

あ、ちなみにユニフォームただで洗ってるからって、手抜きは一切なしですからね。
お互いプロですから、常にプロとしての仕事を心がけています。
最高のクリーニングで、最強のエールを送っています!

パねぇなキタヤ!(頑張ってるので許してやってね)
[PR]

by kcdc | 2008-06-30 20:05 | Others

今日は1日本降りで、憂鬱な気分にでもなるってもんだ。
なぁんかロックな気分でもないしなぁ…と思いつつ手に取ったのがこのアルバム。

b0148676_18512318.jpg

THEピーズの4枚目「とどめをハデにくれ」です。
何で手に取ったか?
ぜんぜん聴いてなかったんですね、買った当初から。
1~3枚目までのアルバムは、バカバカしい日常的な内容の歌詞と痛快なロックンロールで、最初からずっとノリノリで聴けるんですよ。(独特の世界観ではありますが)
しかし、この4枚目ときたら最初っから最後まで、ゆるーいんですよね。

だけども、だっけっど♪

今日、15年振りに改めて聴いてみたら、どうだい?
とっても素敵なロケンローじゃないですか!
聴く人によっては、素敵と言う言葉は当てはまらないです。
やりたいことはあるのに気力がなかったり、何かにぶつかってるのにどうして良いか分からなかったり、ラジ…(ダメダメ!)そんな誰しもが1度は経験のある日常を、ゆるーいロックとともに歌っています。
15年前はリアルすぎて受け入れられなかったのかな?
ただ単に理解できなかったのかな?
こんなに良いアルバム!って感じてる今の自分がいます。

これを聴いて、自分はダメ男と開き直っちゃいますか?
ノンノン!
自分をさらけ出して、今の自分を確認したら、自分のできる事をコツコツとやっていくしかないんですよ。
名曲「シニタイヤツハシネ」を聴き終わったら、また明日から自分のできる事を少しづつやっていくんですよ。

アホなブログをね。
[PR]

by kcdc | 2008-06-29 19:42 | Others