オモローねた

詳細は省きますが、昨日は東京の友達と遊んださ。
もちろん、東京で。
焼肉屋につれてってもらったよ。

米沢牛最高ぉ!


うまかった。
もちろん、飛騨牛も最高ですけどね。

ありがとう、友達。
最高の時間でした。
友達に会うと気持ちがとても上がります。
幸せな時間でした。

そんな友達の一人から、オモローなクリーニング?ねたが届きました。
『エクストリームアイロニングジャパン(EIJ)』ってご存知ですか?
ちょっと前にテレビで少しだけ話題になりました。

b0148676_18381313.jpg

断崖絶壁や山の頂上、果ては海の中でアイロンをかけ、如何に綺麗に仕上げるかという競技のようです。

なぜ?

そう思うのは俺だけではないと思いますが、それを言っちゃあ野暮ってものなんだと思います。

しかし今回、改めて記事と写真を読んでみると、何と言うか奥深さを感じてしまいました。
これは、クリーニング界にとっても、とても前向きなパフォーマンスになりうると。

『そこにシワがあるから』

なるほど。
俺のブログ的に言えば、『そこにシミがあるから』という事になる。
断崖絶壁でシミでも抜いてみるか…と思ったのは一瞬で、他に何か考えて見ます。

でも、間違いなく、刺激を受けたね。
クリーニング屋さんは、このネタを鼻で笑ってたらこの先ヤバイかもよ?

そして、今日のオモローネタ第2弾!
b0148676_18445188.jpg

うっ?!
呑んだら死んじゃう!ことは無い事はよく見たら分かりました。
中身はオレンジジュース。
カラメル色素で色付けしてあるわけね。
味は、至って懐かしいチェリオのオレンジ味。

どんな業界でも、こういう刺激は必要ってことでしょうね。

今日のオモロー…じゃなかった、ナイスサウンド!

ストレイテナーの『SAD AND BEAUTIFUL WORLD』
悲しくも素晴らしい世界ってところでしょうか?
不況という言葉が毎日流れる今にあって、人任せにしないで、こういう時こそ、『俺が』ってみんなが少しだけ思って頑張って行けば、何とかなることもあるんじゃないでしょうか?

俺も断崖絶壁でシミを抜き続けるのだ!(やらないけど)
[PR]

by kcdc | 2008-12-07 18:59 | Others