サッカーユニフォームに付いた泥のシミ抜き

業者さんからカレンダーやお歳暮を頂く時期になりました。

『え?』

もうそんな時期?

お預かりする衣類も夏や秋を引きずっていますし、

ちっとも冬らしくないので

季節感をなくしていますね。

来週辺りガクンと冷え込むようですが、

週間予報もいたちごっこみたいに

ドンドンずれている気がします。

アパレル業界も、すでに冬物(の盛り上がり)を捨て、

春に目を向けていると聞きました。

異常気象は(神)と呼ばれる何かが人間を試している。

…と思うことにしましょう。

人が冬の時代を乗り越えるためにできることは何か?




私はシミ抜きを続けていくだけです(笑)

ってことで、

『今日のナイスシミ抜き』

ごらんあれ。

b0148676_17164475.jpg


『泥汚れって家じゃキレイにできないものね?』

と、お子さんのサッカーのユニフォームお預かりしました。



『はい。その通りです』



『友達のお母さんは漂白剤に漬け込んだらキレイになったって言ってたけど…』

と、おっしゃるので、

『そんな漂白剤なら私も欲しいです!』

つい答えてしまいました(苦笑)

泥汚れに有効な手段は

『手でもむ』

『ブラシでこする』

といった力技が必要になります。

たぶん、意外と汚れの少ない前側だけなら

やってみてもいいかな?

と思ったかもしれません。

b0148676_17164859.jpg


シミのチェックをさせてもらいがてら、

泥汚れに有効な方法をお客様に見ていただきました。

b0148676_1717288.jpg


指先くらいの大きさですが、いとも簡単にキレイにしています。

手もみに使用したのは、目の前においてあった

『キレイキレイ』

です(笑)

少し水道水で湿らせ、少しだけ石鹸をつけて揉んだ状態です。




しかし、背中側を見れば、

一瞬でそんな気も失せる…いえ、すでに失せていました(爆)

b0148676_17165466.jpg

b0148676_17165745.jpg


『どんだけ揉み続ければええのん?』

と、言いたくもなるでしょう(笑)



ご自身で揉み続ければ、作業代金は¥0です。

今回私が予想したシミ抜き代金は¥2000前後です。

あとは、お客様のご判断にお任せいたします。



『…じゃあ…お願いします…』

かなりお考えになられていたようですが、

ご依頼いただいたからには、

『明らかにキレイになった!』

と、判断できるところまで確実にキレイにさせていただきます。

『子供のだからこんなもんでいいかな?』

という気持ちは、私には無いのですから。

手もみの時間が浮いた分、

有効にご活用ください!



さてさて、ご期待を裏切らぬよう

シミ抜き開始です。

作業内容は、先ほど説明したものとほとんど変わりはありません。

①シミ抜き剤を塗布し、

②ヘラで汚れを浮かせ、

③シミ抜き機ですすぐ。

これの繰り返しです。

手もみでするよりは、10倍くらい早いでしょうかねぇ?(笑)

大方キレイになったところで、強力な漬け込みを行います。

もちろん、『漂白』 ではありません。

汚れを浮き上がりやすくするためです。

漬け込み後、さらに薄く残った部分を

①~③の繰り返しです。(苦笑)

プロの作業ですが、かなり手間がかかります。

もっと早く簡単にキレイにできる方法を知ってらっしゃる同業の方!

ただでおせーて(爆)



軽いジョークを飛ばしたところで、

そろそろ結果を見てみますか?







b0148676_1717732.jpg

b0148676_1717940.jpg

b0148676_17171219.jpg

b0148676_17171420.jpg


如何でございましょう。

キレイでございましょう(笑)

こういった作業のあとは、

かなり憔悴しております(苦笑)

もちろん、大きな達成感もございます。

そして、お客様に喜んでいただけたとき、

私は生かされるのであります。



そういえば、今回のシミ抜きをご依頼いただいた際、

『これがキレイになったら、クリスマスプレゼントにしちゃお』

と、たぶん冗談だとは思いますが、おっしゃっていました。

『クリーニング』 や 『シミ抜き』 が

プレゼントになる?

いや、ご依頼いただいた方、それを受け取る方が

笑顔になるなら、十分ありだな。

私はそう思いました。



シミができて着れなくなってしまった衣類。

自分へのちょっとしたクリスマスプレゼントに、

シミ抜きの出来るクリーニング店へ出してみるのも

ありではないでしょうか。



キタヤならきっとこう言うでしょう。

『ドンと来い!泥汚れ!』(爆)

ご利用誠にありがとうございます。






最近、どの曲をナイスサウンドにしたのか分からなくなってきた

『今日のナイスサウンド』

に参りましょう(爆)



レミオロメンの 『春夏秋冬』 だぁーーーーー!

ま、年末ですからこんな感じっすね(笑)

レミオロメンはミスチルとはまた違ったええ歌を作りんさる。(岐阜弁)

正直な話、あまり本人たちを見ながら聴きたくはない(苦笑)

ドラムが 『米倉涼子』 に見えてしかたない(爆)

ベースは 『サンボマスター』 にいたような気がする(爆)

ボーカルは、なんだか昔、同級生の女の子にいたような気がする(爆)



それでも、私の心に

『スッと』 入ってくる曲が多いのは事実。

俺の心に入り込むなんざ、

ふてぇ野郎だ!



あ、女子だったら、いとも簡単かも(爆)
[PR]