看護服に付いた朱肉のシミ抜き

今日、仕事をしていると古い友人から電話があった。


『油性ボールペンて、自分で落とせる?』


おぉ!

なんと言うありがたいお電話!(爆)

友達から仕事にまつわる質問をしてもらえるって、

とっても幸せじゃござんせんか?



と、思ったのも束の間、

すぐに、頭の中で

簡単で有効なボールペンの落とし方を探してみた。



きた!058.gif



『シミの部分を少し濡らしてから、固形石鹸をつけて揉んでみ』



そう告げて電話を切りました。

しばらくすると、今度は携帯電話のメール着信音がなりました。

メールをあけてみると…

b0148676_17261117.jpg


『キレイになったよ!』 って。


自分でシミ抜きしたよりぜんぜん嬉しかったかもしれません。

感動しました。

自分に(爆)

…いえ、うそです(苦笑)




『ちなみに、洗濯機で一緒に洗っちゃった朱肉は自分で落とせる?』

と、聞かれ、

即答で

『無理!』
(爆)

ボールペンと同じ方法で、少しくらいは薄くなるかもしれませんが、

完全にキレイにするのは無理と思います。

『ぜひ、キタヤクリーニングに送ってくださいね』



『替えが一枚しかないから、一日でやってくれる?』

え?

『無理!』(爆)




あ?

そういえば、以前同じようなシミ抜き依頼があったっけ…

と、いうことで、『今日のナイスシミ抜き』 です(笑)

b0148676_17261585.jpg


『お家で朱肉と一緒に洗ってしまいました』

と、いうことでお預かりの看護服です。

アップにしなくてもどこにシミが付いているか分かるくらい

激しく付いています。

b0148676_17261958.jpg

b0148676_17261774.jpg


でもアップにしてみました(笑)

笑ってる場合じゃありません。

お客様のリクエストは、

『明日のお昼までに仕上げて欲しい』

ということでした。



…むぅ…



最近、お忙しい方の依頼が多いな(苦笑)

範囲が狭い場合や、薄っすらと擦ってしまったようなタイプのシミでしたら、

自信を持って

『分かりました!』

と、お伝えするかもしれませんが、

『暴発』 タイプの大量に付着した場合ですと、

ニントモカントモ(忍者ハットリくん)、お時間を戴きたいことがほとんどです。



お客様の了承を得て、少しシミをチェックさせてもらいました。

時間にして1,2分。

試してみると、意外にシミの動きが良い。(落ちやすそう)

と、いうことで、

お客様には

『ひょっとすると、完全に落ちきらないかも知れませんが…』

という了承を得て、お預かりとなりました。



さてさて、くだらないジョークを飛ばしてる暇はありませんよ(爆)

早速シミ抜きです。

b0148676_17262160.jpg

b0148676_17262495.jpg


キレイになりました!(爆)

いわゆる、本物?の朱肉ではなく

スタンプ系のインクでしたので、予想したシミ抜きよりも、

スムーズに作業が進みました。

時間に間に合って本当によかったです。



それでは、問合せをくれた友人のいる関西方面に向かって高らかに参りましょう!

『ドンと来い!朱肉!』


ってことで、友人よ。

二日くれ(爆)

あ、お客様、ご利用誠にありがとうございます。




それでは気分よく 『今日のナイスサウンド』 に参りましょう!



SHACHIの 『孤高の花』 だぁーーーーー!

たくさんの愛と勇気と感動を与えてくれた SHACHI は、

なんと今年いっぱいで解散!

なんという悲しいことでしょう。

『気分よく今日のナイスサウンド』 って言ったはずなのに(爆)

今日の選曲は SHACHI と決めていたんですが、

曲を選んでいて、そこのコメントで気付いたのです。

メジャーなバンドではありませんが、

ヒットチャートを賑わしている、

『ポッ』 と出ては消えていく心に残らない曲に比べれば、

SHACHIの多くの名曲は

誰かの人生さえ救っていることでしょう。



テレビやラジオに出てくるものが、

すべての音楽にあらず。

みなさんも、自分の心を揺さぶる1曲に出会えることを願っています。

あぁ、音楽って、ロックってすばらしい(笑)
[PR]