Yシャツに出来た腕時計のシミ(ステンレスベルト)

ちょーさみー!(爆)

昨晩より一気に冷え込みましたね。

今朝は寒がりで有名?な従業員の一人が

『カーディガンとストール』

のいでたちで登場して、周囲を唖然とさせました(笑)

ま、無理して風邪をひくよりは全然いいと思いますけどね。

みなさまも、この季節御風邪など召しませんよう、ご自愛くださいませ。


俺?


もうひいて治ったところですけど(爆)




おげ!

それではKC/DC会長が 『あほ』 ではないと分かったところで

『今日のナイスシミ抜き』

をご覧ください。

b0148676_15432314.jpg


『他店に出したところ、黄色くシミができて返って来た』

ということでお預かりです。

他にも2枚ほどお預かりしました。

みな同じ場所に同じようなシミです。

それは 『左袖のカフスの裏』 にできていました。



なんのシミでしょう?



これは 『腕時計のステンレス製のベルトのシミ』 です。

夏の汗をよく掻く時期に多いシミですね。

ステンレスのベルトに汗が大量に付着することによって、

ベルトから 『鉄イオン』 が流れ出して起こる現象です。

状況はさまざまですが、

着用後に黄色くなって発見される場合と、

今回お預かりしたお客様のように

クリーニングに出してプレスをした後に浮き出てくる場合があります。

どちらも早期の場合ですと、意外とキレイにできるはずです。

当然ですが、『シミ抜きを得意とするクリーニング店』 の場合ですけどね。



早速はじめます。

まずは黄ばみを…

b0148676_15432591.jpg


はい、終了。

そして残った黒ずみを…

b0148676_15432977.jpg


はい、終了!(笑)



笑ってますが、このシミの存在を知らなければ、

何をやっても取れないでしょうね。



※ここで重要なお知らせ。

ステンベルトによる黄ばみは長期放置によって、

いとも簡単に生地を脆化させてしまいます。

見た目はただの黄ばみに見えますが、

シミ抜き処理を始めると一瞬で生地が破れる可能性もございます。

シミの特性とシミ抜きのリスクをご理解のうえ、

シミ抜きをご依頼頂けますようお願い申し上げます。



そして汗かきな体質の方で、暑い時期に長袖を着用する機会が多い方は

ステンレス製ベルトの腕時計の着用を控えたり、

まめに汗をふき取るなどの処置を大いにお勧めいたします。




それでは参りましょう。

『ドンと来い!ステンレスベルトのシミ!』


ご利用誠にありがとうございます。




それでは 『今日のナイスサウンド』 も

元気にしんみりと参りましょう(爆)



ハナレグミの 『家族の風景』 だぁーーーー!

『だぁーーー!』 はちょっと控えめにね(笑)

今日はこの曲が頭の中をリフレインでした。

いい曲です。

すでに名曲と言ってしまってもいいでしょう。

ハナレグミを聴くと、よくある普通の風景が

自分や家族と重ね合わせて深く入り込んできます。

『恐るべき普通』 とでもいうんでしょうか?(爆)

素晴らしいと思います。



音楽は 『反抗』 や 『シャウト』 だけじゃない

普通の中から生まれる何かがあると。

ときどき肩の荷を降ろして聴いてみるのもいいかもしれませんな。



別に、急に冷え込んでテンションダウンしてるわけじゃございませんよ(爆)
[PR]