子供服のワッペン剥がし。

みなさん!

『おはよう奥さん 10月号』

は、もうお買い求めになられましたか?(爆)

催促していますが、嬉しいことに自分の周りでは

『買ったよ!』

という声をチラホラ聞かせていただいています。



魔法使いになるなら、今しかありません!(爆)



ミッフィーちゃんのエコバッグも、

従業員がスーパーへ弁当を買いにいくとき大活躍しています(爆)

ぜひ、この機会にお買い求め頂き、

そして、参考にしてやってください。



ちなみに、ご紹介する方法でうまくいかないとき、キレイにならないときには

『シミ抜きの得意なクリーニング店』

の出番だと思われます。

そちらの方もご紹介させていただいておりますので、

1冊で3度美味しい

『おはよう奥さん 10月号』

を、ぜひどうぞ!(爆)





それでは、今日はちょっと変わったご依頼の紹介です。

某おかんの古くからの友人である、Aさんからのご依頼でした。

b0148676_1652854.jpg


イツハプ(its happen to be a closet)の可愛らしい子供のパンツです。

パンツ自体にシミや汚れなど、特に問題はないのですが、

b0148676_1782915.jpg


お尻部分のワッペンが硬く、履いてる本人は大丈夫なのですが、

他の子供と遊ぶ際にワッペン部分で怪我をさせる恐れがあるとのこと。



『可能なら剥がして欲しい』



とのご依頼をいただきました。

クリーニングを仕事として行っている私にしてみれば、

ワッペンの付いた衣類を、如何に剥がさないように、そしてキレイに洗えるか?

ということに神経を使ってきました。

今回のご依頼は、まったくの逆パターン。

『剥がす』

ということでしたので、一瞬固まりました。(苦笑)



ま、しかし、普段 

『どうなった時剥がれやすいのか?』 

ということに神経を使ってきたわけですから、

それをやったら良いわけです(笑)

ワッペンの具合を確かめさせてもらい、お受けすることにしました。



車や机に貼ったシールを剥がしたことはありませんか?

熱をかけることにより、意外にキレイに剥がすことができるんですよ?

ドライヤー等でやさしく暖めることで、糊が剥がれやすくなるわけです。

今回は相手が繊維ということもあり、車のシール剥がしよりかなりデリケートさが要求されます。

ワッペン側から熱をかけると、糊だけが残ってしまいやすいので、

裏側からドライヤーで熱してみました。

b0148676_17244723.jpg


おぉ!

やはり簡単に剥がれていきます。

しかし、糊はパンツに残ってしまいました。

b0148676_17261617.jpg


b0148676_17265075.jpg


空しく残る 『U☆S☆A』 (爆)



ここから、通常でいうところの 『シミ抜き』 に入っていきます。

前出の画像 『U☆S☆A』 の部分の右端 『A』 を見て頂くと分かりますが、

糊の部分が 『でろ~ん』 と溶けたような状態です。

ここは、難易度 『中程度』 のシミ抜きをおこなった結果です。

溶けるだけで 『ちっともキレイになりゃしねぇ!』 (爆)



そして、最終手段に入っていきます。

『瞬間接着剤』 等にも有効な 『アレ』 を使ってみます。

色落ち等のチェックをおこなった後、部分的に漬け込んでいきます。

b0148676_17401721.jpg








ニヤリ 017.gif



b0148676_17425511.jpg


キレイになりました!

懸念していた色落ちも皆無。

まさに、何事もなかったかのように 『ワッペンレス』 のパンツです。

初の試みがうまくいったこと、

そして何よりもこの 『KC/DC』 ファンであるAさんのお役に立てたことを

とても嬉しく思いました。




それでは、ワッペンが固くて危険以外にも 『このワッペンさえ無きゃ着られるのに』 などでお困りの方に向けて

『ドンと来い!ワッペン剥がし!』

ご利用誠にありがとうございます。



※注意

ワッペンの素材、衣類の素材により不可能なものもございます。







Red Hot Chili Peppersの 『Around the World』 だぁーーーーーー!

もうね、こんなバンド、日本はおろか世界を探してもいません。(いるかも知んないけど)

この曲は今話題の映画 『BECK』 の主題歌でもあります。

b0148676_18565080.jpg


流行のアニメ原作の映画化です。

よくもまぁ、こんなに似てる人をキャスティングしたもんです。

b0148676_18574367.jpg




私も全巻そろえてるBECKファンなんですけど、

複雑な心境です。

映画は観たいけど、観たくない(爆)

漫画は音が出ませんので、BECKファンそれぞれの中に、

聴衆が涙を流す名曲が出来上がっているはずなのです。

各名シーンが今回映画となって現実のように突きつけられるわけですが、

ギャップがあったと同時にこの映画は終わってしまいます。

そこが、観たいけど観たくないところなのです。



ちなみにこのBECK。

少なからずRed Hot Chili Peppersの影響を受けて作られていると思われます。

動画を見れば一目瞭然ですな。

そんな大御所Red Hot Chili Peppersをオープニング主題歌って!

ハードル高すぎでしょ?(苦笑)



ま、元がマンガですから、仕方ないですけどね。



バンド 『Red Hot Chili Peppers』 にも マンガ 『BECK』 にも罪はなし。

どちらも最高なのです。
[PR]

by kcdc | 2010-09-07 19:18 | Others