シャツに付いた各種ペンのシミ抜き

昨夜は 『第54回全国選抜長良川中日花火大会』 でした。

b0148676_14284923.jpg


私は行けませんでしたが。



しかし、東京から帰省している友人と彼の奥様が 『行きたい』 と申しておりましたので、

長良川に程近い(といっても徒歩30分弱)私の自宅付近に借りている駐車場に、

車を置かせてもらえるよう手配しておいたので、歩いて見に行ったようです。



この友人、実は今年の5月に私が夢の 『ロクマル様』 を釣ったときの同船者なのです。

ま、彼が誘ってくれたおかげで、夢のロクマル様に出会えました。

その節はありがとね(笑)



そんな友人ですが、私のブログをチョクチョク見てくれているようで、

帰省の際

『手強いと思うけど、シミ抜きお願いね』

なんて、嬉しいことを言ってくれるじゃあーりませんか(笑)

望むところでございます。



そして彼は工場へ来てくれました。

釣りの話やら、アニメの話やら溜まった話をしていると、

うっかり忘れるところだった、キレイにする品物の話(爆)

持ってきた袋からアイテムを取り出します。

b0148676_1531096.jpg


Abercrombie & Fitch (いわゆる『アバクロ』) のシャツと、

b0148676_15323871.jpg


Tommy Hilfigerのシャツでした。



彼は 『キレイになるならまた着たい』 そうですが、

『これはちょっと難しいんじゃないの?』と、

ブログを読んでくれてるにも拘らず、後ろ向きな発言をしてやがる(爆)

その問題の箇所はこちら。

b0148676_15361693.jpg


Abercrombie & Fitchのシャツには、胸元に蛍光ペンらしきシミが。

b0148676_15371411.jpg


Tommy Hilfigerのシャツには、結構な量のペンのシミがありました。



一見して 『落とせる』 と思いましたが、東京へ帰るまでの時間的猶予に乏しい…

しかし、キレイにしなければ 『やっぱり難しかったね?』 と言われてしまう(爆)

使える時間をフルに使って作業しました。



アバクロのシャツは古いインクのシミですが、濃度が高くないので

比較的容易にキレイに出来ました。

b0148676_1624138.jpg


それでも、ちょっとしたコツはいるのよ(笑)



彼も私も問題視していた 『トミーヒルフィガー』 のシャツですが、

ただのインクなら割と早く決着が付くと思っていましたが、

困ったことに 『ゲルインク』 のようです。

このゲルインク。

滑らかで書きやすく、発色もいいことから近年人気のペンですが、

インクの成分が 『樹脂』 と 『カーボン』 のような細かい不溶性の粒子のため、

ほとんど 『墨汁』 と同じ扱いが必要になるのです。

要するに、『延々と揉みだす』 しか方法はありません。



樹脂を溶かし、その後揉みだし作業を繰り返すと…

b0148676_16163381.jpg


キレイになりました!

厳密に言うと、時間が足らなかったせいで、

ポケットを縫いつけている糸の部分に少し残っています。

しかし、パッと見ではほとんど分からなくなりました。



如何かな?友人君。(笑)

彼は先程、東京へ帰る前にキタヤによって品物をお持ち帰りになりました。

『これなら着れる』

って、私が言わせてしまったかも知れませんが(爆)



『これは無理でしょ?』

って思ってしまうシミはたくさんあると思います。

それは 『あなた』 が決め付けてる?

『クリーニング屋』 が決め付けてる?

とことんシミに向き合っているクリーニング店でしたら、

瞬時に決め付けることなんてありえません。

当然、豊富な知識と経験があるわけですが、

それでも、未だ見ぬシミにぶち当たったとき、

『これは無理でしょ?』

と思うよりも先に、

『このシミの成分は一体なんだ?』

『生地の状態はどうなのか?』

少しでもキレイになる方法がないのか?を探し始めるのです。



クリーニングに限らず、みなさんのお仕事だってきっと同じなはずです。

お客様から 『そんなこと出来るの?』 って言われるところから始まって、

そのお客様に 『頼んでよかった』 と言ってもらえたとき、

快感が押し寄せてくるのではないでしょうか?



『落ちない』 と思い込んでいるシミの付いた服があったなら、

ぜひ、シミ抜きの実績があるクリーニング店に相談してみてください。

きっと、意外な方向へ動き出すことになるはずです。

岐阜にお住まいの方でしたら、ぜひ 『キタヤクリーニング』 も、その1つに入れてみて下さい。




それでは、まさに今、東京へ向かって爆走している友人夫婦に向かって捨て台詞(爆)

『ドンと来い!色んなペンのシミ!』

ご利用誠にありがとうございます。




無性に声が聞きたくなるシリーズ 『今日のナイスサウンド』



Bonnie Pinkの 『Evil and flowers』 だぁーーーーーー!

ピアノイントロですでに ゾクっときますな。

名曲です。

しかし、髪が赤いねぇ(笑)

今の大人なピンクちゃんがシックリきてるだけに、

この映像は、かなり反抗期な感じです(爆)



いつの間に黒髪になったのか、いつから大人っぽくなったのか調べようと、

You tube を見まくってたら、気持ち悪くなっちゃった。


結果は…


ま、可愛いからいつだっていいじゃん(爆)
[PR]