お家で落とせなかったシミ

最近徐々に春っぽい匂いがしていると思いません?

空気感というか、空間の色合いというか…

足元からガツンとくる寒さも減ってきましたし。

『春が近い』という感覚は『春っぽい匂い』だけでなく、私が駆る『青いあんちくしょう』のご機嫌がすこぶる良いことでも感じるのです。

『排気音が良い』

『回転の上昇が軽い』


『ギシギシ言わない』(爆)


そんな、何気ない感覚の変化で春の訪れを感じることが出来るのです。

日本車やドイツ車じゃわかんねぇだろうなぁ…出来がいいから(爆)

『できの悪い子ほど可愛い』とはちょっと違うのですが、どちらかというと

『冬は寒いから機嫌の悪い彼女』

みたいな感覚かな?(激爆)

ま、春は生き物も、機械も待ち遠しいって思ってるというわけです。




それでは『今日のナイスシミ抜き』も待ち遠しかったでしょ?(苦笑)

b0148676_18234189.jpg


レーシングジャケットタイプの『ジップアップトレーナー』です。

お客様がご自分で『シミ抜き』をされたのですが、キレイにいかないということでお預かりです。

b0148676_18251384.jpg


首の付近になにやら黒っぽいシミです。

こちらはなにも手をつけていませんでした。

ぐるっと回って背中を見ると…

b0148676_18261310.jpg


背中には、お客様がギブアップしたシミが残っていました。

他にも数ヶ所ありました。

お客様がシミ抜きをおこなった部分は、若干生地が薄くなっているように見えました。

しかも、色が少しはげているようです。




『シミ抜き』ってどんなイメージがありますか?

専用の機械で『バチバチ』落とすシミ抜きは『黒ずみ』『泥汚れ』くらいなものです。

それも1つの工程なのです。

『食べこぼし』『黄ばみ』などのシミ抜きは、筆や綿棒を使って少しづつ慎重に行います。

意外と地味な作業なのです。

いつだってシミの具合を見計らって適切な処理を選びます。



お客様がシミ抜きをした痕跡からすると

『何かを付けて揉んだ』
のか『何かでこすった』

という感じでした。

私が処理を始めると『何となく血液のシミっぽい』と感じました。

少し時間の経った血液のシミだと『揉んでもこすっても』薄くなる程度で、キレイになることはないでしょう。

まさに、背中に残ったシミはそれを物語っていたのです。(って、ちょっとオーバーやな)




少し『水性処理』をおこなった後『漂白処理』をおこなうと、シミが薄くなり始めました。

慎重に『漂白処理』を続け、ウェットクリーニングをおこなった結果はこちら。

b0148676_18534638.jpg

b0148676_1854247.jpg


もうよくわかりませんね?(笑)

キレイになりました!




お家でシミ抜きをされる方が増えてきていると感じています。

たいへん嬉しく思っています。

『自分でできることは自分でする』

たいへん良いことですよね?

きっとうまくいくことも多いでしょう。

うまくいかなかったとき…

そのときのために『キタヤクリーニング』があると思っています。

自分でやった事があるからこそわかる『良さ』があると思います。

ご自分でシミ抜きをしてうまくいかなかったとき、あきらめる前にぜひ『キタヤクリーニングに御相談下さい。

あ!

そうそう!

ご自分でシミ抜きされたいお方に、シミ抜きバイブルである『シミ抜き事典130』
があれば『鬼に金棒』になること間違いなし!

店頭在庫も残り少なめですので、『キタヤへゴー!』でございます(笑)



それでは『むぅ…自分でシミ抜きしたけど、もはやここまでかぁ』と、遠くの空を眺めているあなたへ送るエールです!

『ドンと来い!お家で落ちなかったシミ!』


御利用ありがとうございました。





それでは『今日のナイスサウンド』もまた先日のカラオケ特集です(爆)



BOOWYの『CLOUDY HEART』だぁーーーーー!

歌謡ロック路線になりはじめのころの曲ですな(苦笑)

わたしゃこれ以前のBOOWYが好きでした。

歌謡ロック調も好きですけどね。

カラオケでみんなでいるときは、多少気を使うので(みんなが知ってるほうが盛り上がる)これ以降の選曲になりがちです。

ホントは





とか






とか

歌いたいねぇ…



でもよく考えたら『CLOUDY HEART』歌ったの、私じゃなくて『いかした花屋のだんな』でした(爆)
[PR]