アルマーニのシャツ(全体のシミ抜き)

いきなりですが『今日のナイスシミ抜き』なのです。

b0148676_18513414.jpg


今回お預かりしたアイテムはあの高級ブランド『アルマーニ』のシャツでございます。

b0148676_18542539.jpg


ブランドタグを映し出すのと同時に、シャツの状態も映し出していますね。



実はこのシャツ、今年の正月におこなった『新年会』の会場になった居酒屋の親方のものなのです。

私の最も好きな居酒屋です。

その名も…

『福寿堂』


うまい。

手頃な価格。

居心地がいい。

居酒屋に必要とされる条件が全て満たされています。

そして、ただ単に『うまい』わけじゃない。

料理のすべてに『ごまかし』がない。

素材にプラスしていくのではなく、素材を生かす料理なのです。

素材の良さを引き出す術を知った(マスターした)親方(マスター)は『マスター・オブ・マスター』なのでアール。(笑)

笑っちまったけど、ウソじゃないのです。

私、めったに褒めませんから…女性以外は(爆)

やや脱線気味になりましたが、最近『なんかワンパターンで…』とか『もっと美味しい店はないの?』とお嘆きのお方にぜひお勧めです!

きっと素晴らしい『宴』になることでしょう。



…と、そんな福寿堂のマスター・オブ・マスターから

『僕の一張羅のアルマーニ、キレイになりますか?』

との御相談を受けました。



現在はタバコをやめられているそうなのですが、以前吸っている頃、部屋につるしてあった『アルマーニ』のシャツが黄ばんでしまったそうです。

私はシャツを見ていない状態で

『大抵の場合はキレイに出来るよ』

と、お返ししました。



『一張羅のアルマーニ』を連呼するマスター。(笑)

んなこたぁないでしょうが、決してお安くないアイテムですからね?

マスター・オブ・マスターに依頼されれば、普段フラリと現れ、アホなことばかり言ってるクリーニング屋の男が

『そこらのクリーニング屋』とは違うってところを見ていただくチャンスです。



帰りがけ、例の『一張羅のアルマーニ』を受け取りました。

冒頭の画像も含め、結構汚れはひどいですな。(苦笑)

シャツに関しては『一張羅』はウソじゃなさそうです。

全体の黄ばみはもとより…

b0148676_1930579.jpg


エリの黄ばみ

b0148676_19303288.jpg

b0148676_19305768.jpg


両脇の黄ばみ

b0148676_19313874.jpg


カフスの汚れ…



着すぎです。(爆)

ブランド品ということだけでなく、汚れの解りやすいアイテムは、早めのケアが必要です。

しかし、お任せ下さい。

この生地の状態で、この程度のシミの具合でしたら、経験上かなりの確立でキレイにすることが出来ます。

部分的な『皮脂』や『黒ずみ』そして『黄ばみ』をシミ抜きし、ウェットクリーニングをおこないます。

ちなみに、この手の衣類はお決まりの

b0148676_19482444.jpg


『ドライクリーニングオンリー』のケアラベルです。

シルエットを元に戻す仕上げ技術がなければドライクリーニングでしか洗えないと思います。

しかし、素肌に直接まとう『イタリアンシャツ』ですから、ドライクリーニングでは完全にキレイにすることは不可能でしょう。

ですから『ウェットクリーニング』が必要です。

キレイなシルエットを再現する『仕上げ技術』も必要です。

今一度言いましょう。


『お任せ下さい』


キタヤはシャツを愛する数少ないクリーニング店なのです。

それではご覧いただきましょう。

b0148676_19582762.jpg

b0148676_19585324.jpg

b0148676_19591813.jpg

b0148676_1959376.jpg

b0148676_19595076.jpg


真っ白!

キレイになりました。

白は『福寿堂』の料理の如く『ごまかし』がききません。

まだ品物をお渡ししていませんが、きっと職人であるマスター・オブ・マスターにも御納得の仕上がりであると思います。

似たようなケースの品物をお持ちの方、またシャツにこだわりをお持ちの方でしたら、ぜひシャツを愛するキタヤクリーニングに御一報くださいませ。

それでは『一張羅』でお悩みの全国うん千万の方々の合言葉!(んなこたぁないと思います)

『ドンと来い!アルマーニ!』

御利用ありがとうございました。




それではノリノリで参りましょう!

仕事でお疲れのあなたも『今日のナイスサウンド』でアドレナリン出まくりですよ!



Fu Manchuの『King Of The Road』だぁーーーーー!

ブギーでヘヴィーなサウンドに気だるいボーカルが乗っかると、最高にカッコいいロックの出来上がりです。

もともと『ストーナーロック(Stoner rock)』というジャンルが気になり始めて探した挙句にヒットしてきたFu Manchuだったのですが、良い意味で期待を裏切るナイスロックだったのです。

『ストーナーロック(Stoner rock)』とはハードロック、ヘヴィメタルのジャンルの一つ。

初期ブラック・サバスや同時代のサイケに影響された、原始的かつブルージーな、重くて遅いテンポのサウンドが特徴。(by Wikipedia)

…なのですが、届いた『Fu Manchu』のCDはヘヴィではあるもののどちらかといえば、陽気なイメージだったのです。



良い意味での裏切り…

まさにキタヤのシミ抜きがそれだ。

『落ちないだろうな』とお持ちいただいたシミの付いた衣類。

スキッとキレイになった日にゃあ嬉しさも倍増でしょう!


そんな思いで毎日頑張らせていただいておりますです、ハイ…

















ナハハ。
[PR]