白いコート

いやいやいやぁ~

すごかったですね、雪。

タイヤ交換しておいてよかったです。

道路で20センチ近く、工場の駐車場は30センチくらい積もっていましたよ。

雪かきは基本的に嫌じゃないのですが、雪が降る前日から都合4台分のタイヤ交換をしていましたので、朝から体がギシギシしていました(苦笑)


子供の頃は雪が降って喜ぶ私の姿を、大人たちは『明日は弱ったな』みたいな顔で見られてたのを覚えていますが、自分が大人になった今でも『ぜんぜん雪が降るの楽しいじゃん!』って感じです。

大人の境界線ってどこ?(爆)



ってな感じで、スッカリ道路の雪も溶けてしまった岐阜から『今日のナイスシミ抜き』をお届けしましょう!

b0148676_17593242.jpg


白いコートの全体の汚れのシミ抜きでございます。

b0148676_1802180.jpg

b0148676_1803724.jpg


両袖はもちろんの事

b0148676_1811461.jpg



スソ周辺はやはりよく当たりますので、汚れがひどくなりますね。



今回お預かりしたコートは、素材が『アクリル』メインでしたので、わりと思い切って処理する事が出来ます。

シミ抜き台で軽く処理をして見ますと…

b0148676_1843696.jpg


おもしろいほどキレイになって行きます。

ひどい黒ずみ部分を処理して、ドライクリーニング、そしてウェット処理を施せば…

b0148676_1864693.jpg

b0148676_187135.jpg

b0148676_1873075.jpg

b0148676_187439.jpg


ピッカピカのキレイになりましたよ。

普通に洗うだけでは、この白さにはたどり着くことは不可能です。

一手間をかけるための経験と技術が大切です。

簡単そうに書いておりますが、いがいと大変な作業なのです。

まるで『白鳥』が優雅に泳いでいるように見えて、水面下では激しくバタ足をしているかの如くなのです(爆)



ちなみに、今回の素材は『アクリル』でしたが、これがカシミアやアンゴラなどの獣毛製品になりますと、難易度は飛躍的にアップしてしまいます。

とてもデリケートな素材ですので、あまり強い処理が出来ないのです。

ですから、早め早めのクリーニング&シミ抜きをお勧めしています。

普段から気に入ってよく着用するようでしたら、汚れが目立たなくても、週に1回、せめて2週に1回程度はクリーニングされると、長くキレイな状態を楽しめるのではないでしょうか?

それでは、このキーンと寒い夜空をぶっ飛ばすほどの熱い合言葉に参りましょう。

『ドンと来い!白いコート!』

御利用ありがとうございました。




それでは、タイヤ交換と雪かきで疲れているあなたにお贈りする『今日のナイスサウンド』です(俺か?)



ダリル・ホール&ジョン・オーツ の『プライベート・アイズ』だぁーーーーー!

初めてカタカナで紹介してみました(笑)

なぜか冬になると無性に聞きたくなるのがこの『ホール&オーツ』

『ホール&オーツ』のクリスマスアルバムも持ってるんですが、むしろ普通にベスト盤が聞きたくなるのです。

冬っぽい歌声なんかな?

冬っぽさと温かみを持ったアーティストのような気がしますね。



昔々、中学時代。

確か『マンイーター』がヒットしてる頃でした。

連れ同士で論議をかもし出したネタがあります。



『ジョン・オーツって必要なの?』と…(爆)



たいていのやつは

『いらん』

『そんな人がおる事すら知らんかった』

などと勝手なことを言っていました。



そのとき私は考えた。

『チャゲ&飛鳥』の事を。

『チャゲ』って要るのか?と

テレビを見るたび考えた。



結果は…

要るのだ。



リードボーカル及び作詞作曲を手掛ける飛鳥。

黙々と歌い上げるその姿の近くには『チャゲ』がいないと不安定な気がしてしまうのだ。

『プライベート・アイズ』のPVでかっこよく歌っているダリル・ホール、その後ろに

『俺もおるで…』

『俺もおるで…』

『俺もおるで…』

…とカメラ目線を向ける『ジョン・オーツ』の姿とばっちりリンクするのである(爆)

もちろん、というか絶対、二人には私の知らない大切な役割があるのでしょうけど…ねぇ?



チャゲ飛ファンの皆様…

ホール&オーツファンの皆様…






でじまめんご。
[PR]