エリの汚れ

いやぁ~皆さん、台風は大丈夫でしたか?

伊勢湾台風クラスと聞いて相当ビビッておりましたが、私の住んでる岐阜市内は特に大事はなく、朝目覚めたとき台風は来たの?と質問するくらい影響がなくて一安心でした。

伊勢湾台風は50年前ですからね。

建築物の進化や道路、堤防なんかも50年前に比べればしっかりした作りになっているんでしょうね。

『備えあれば憂いなし』

昨夜バタバタと緊急用の食料や、備品の整理、いつでも逃げ出せるように用意したグッズが、無駄になって本当によかったです。

無駄になって良かったなんて、こんな時くらいしか言わないですもんね。

それでは改めまして『今日のナイスシミ抜き』いってみましょう!

キタヤは衣類を無駄にはさせませんよぉ~(笑)

この時期お預かりする品物は、夏の暑さで汗を大量にかき、エリや袖がひどく汚れているものが多いのです。

今日は3連荘でお届けします。

b0148676_175826.jpg

やはり黒ずんでいますねぇ…

ドライクリーニングで洗浄する前に、軽く1手間掛けるだけで洗い上がりは断然変わってきます。

b0148676_17595075.jpg

一手間終了後です。

少し残っていますが、キレイになっているのがお分かり頂けると思います。

次のエリ…
b0148676_1811568.jpg

こちらも激しく黒ずんでいます…

b0148676_181499.jpg

はい、一手間終了!

それでは次のエリ、いらっしゃーい!
b0148676_1825877.jpg

こちらは黄ばみが目立ちますね。

b0148676_1834278.jpg

黄ばみは一手間だけでは変化は起こりません。

一手間を掛けずに、いきなりドライクリーニングしても、ある程度は薄くなって洗い上がりますが、やはりクリーニング前の処理が大切です。

あまりこだわりのないクリーニング店ですと、生産性を重視しますので一手間掛ける事は少ないと思われます。

キタヤクリーニングでしたら、洗浄前の写真のような処理はサービスで行っております。

洗ってる本人達が『キレイになったな!』って思えなければ、クリーニングをやってる意味がないと思っています。

一手間掛ける事が生き甲斐なので御座います(笑)

さて何回『一手間』と言ったでしょう(爆)

写真の品物はシミ抜きを依頼されていましたので、ドライクリーニング後、残ったシミを漂白してお得意のウェットクリーニング『アミノトリートメント』を施しました。

結果はこちら…
b0148676_18132236.jpg

b0148676_18134015.jpg

b0148676_1814131.jpg

キレイになりました。

エリの黄ばみや黒ずみは、特別難しいシミ抜きではありません。

古くなってしまうと難易度は上がりますが、それでも生地自体に問題なければ現状よりもキレイになる可能性はあるのです。

他店で『これ以上は落ちません』と言われましたか?

『生地を傷めるので無理』と言われましたか?

本当に手を出せないシミなんて極一部なんですよ。

クリーニング店で落としてもらえなかったシミでお困りの方がお見えになりましたら、是非、シミ抜きを得意とするクリーニング店を探し出してください。

諦めるにはまだ早いシミは、たくさんあるはずです。

何かのご縁で、当ブログをご覧の方は、是非キタヤクリーニングにご相談くださいませ。

それでは台風の野郎も行っちまった事ですし、景気よく参りましょうか!
『ドンと来い!エリの汚れ!』
ご利用有難う御座いました。

さぁてと、そいじゃ『今日のナイスサウンド』も景気よく行っちゃいますか!

レッド・ウォーリアーズの『Royal Straight Flush R&R』だぁーーーーーー!

ノリノリなロケンローですが、10年間の家出歴がある私は、この曲と自分が重なり、ジーンと来ちゃうんで御座いますの(爆)

あれは21歳の7月7日、親がいないのを見計らって友達3人と『ただの引越し』と偽って逃げ出したもんじゃった。

その後、10年間建築業界を渡り歩き(型枠大工→現場監督→輸入住宅の監督兼大工→アメリカ修行…)

その末にクリーニング屋になろうとわ!(爆)

だけど、例えその10年間をクリーニング業に費やしていたとしても、今の自分はないと思います。

建築業界で、職人や監督業の厳しさ(楽しさ)を知ったからこそ、お客様の為、ひいては自分の為にシミを抜く今の自分があると思っています。

親に背を向け飛び出したあの日の自分は、やり方こそ間違ってたかも知れませんが、結果として間違ってなかったと言う事です。

あぁ、なんかジーンと来ちゃうわ『ロイヤル・ストレートフラッシュ・ロックンロール』

実際、ユカイも実話を交えて作った曲みたいだしね。

男なら飛び出しちゃった方が良い時があるかも知れません。

いろんな意味で。

家を飛び出すのは、若い独身男性だけにしてね?(爆)

色んな自分が解ったなら、お母さんには連絡を入れるんだよ?(超爆)

長男で、男兄弟がいないなら、必ず戻って来るんだよ!(G爆)



※注
このブログは執筆者の経験を元に書き下ろしたネタであり、家出を勧めるものでは御座いません。
[PR]