ドレスの脇汗

御暑ぅございます。
如何お過ごしでございましょう。

ブログをサボっている間に、すっかり夏でございます。

…サボっていた訳ではございません。
例の腰のせいで、仕事が溜まってしまっていたのです。

春の衣替えシーズンが終わり夏がやって来ますと、あれこれと色々なクリーニング店を巡って落とせなかったシミが付着した衣類がやって参ります。

『普通に洗ってくれれば落ちるわ』

そう言われるお客様もお見えになります。
家庭では洗濯できない衣類。
では、ドライクリーニングが出来るクリーニング屋に出そうってことになるのですが、きっとそう言われるお客様は

『もし家で洗うことが出来るなら、これくらいの汚れは落ちるはず』

と、長年の主婦の経験からはじき出された答えなのでしょう。

そういった汚れも、もちろんございます。
しかし、プロが使う機械でドライクリーニングしても、落としきれない汚れも多々あるのです。
ドライクリーニングは『油溶性』の汚れはよく落としますが、水で簡単に落とせる『水溶性』の汚れは苦手ですし、『黄ばみ』なんかはほぼ変化なしで洗いあがってきます。

ドライクリーニングできる機械があるから『プロ』とも言えるのですが、ただほ放り込むなら機械が違うだけで、世の奥様が洗濯機に洗濯物を放り込むのと同じことになってしまいます。

汚れに見合った処理を施し、必要に応じてシミ抜きも行う。

キタヤクリーニングでは、これを普通に行っておりますが、やはり多くのクリーニング店では生産性を重視しているところがほとんどではないでしょうか。

前置きが長くなってしまいましたが、今日のナイスシミ抜きは当ブログではよくある話、『他店で落とせなかったシミ』でございます。

燃えるパターン。(爆)

b0148676_1959349.jpg

b0148676_19595223.jpg

b0148676_200455.jpg

インターネットでお調べになって、当キタヤクリーニングにお越し下さったお客様でした。

ありがとうございます。
ベルベット風のドレスに飾りでレースが付いていますが、脇の部分はすっかり黄ばんでしまっていました。

先に申し上げました通り、ドライクリーニングだけでは黄ばみは落とすことは出来ません。
かといって、黄ばんでしまった部分は最早水だけでも落とすことは出来なくなっているのです。

大切な衣類は汗をかいてしまったと感じたとき、何度か着用してこの後はしばらく着る機会がない時等、ドライクリーニングだけでなく『ウェットクリーニング』もお願いしてみては如何でしょう。
ウェットクリーニングがちゃんとできるクリーニング店でしたら、黄ばみの心配もグッと減ると思いますよ。

今回の品物は脇の黄ばみを漂白処理後ドライクリーニングを行い、その後キタヤのウェットクリーニング『アミノトリートメント』でフィニッシュでございました。
b0148676_20121421.jpg

b0148676_20123169.jpg

b0148676_20124024.jpg

如何でございましょう?
キレイになりました。
手触りもサラサラで、ばっちりでございます。

それでは、久しぶりです!
参りましょう。
『ドンと来い!脇の黄ばみ!』
ご利用ありがとうございました。

キタヤクリーニングはこの世から黄ばみを無くす為に、今日も戦い続けるのであります。

今日のナイスサウンドも参りましょう。

ラモーンズの『Rockaway Beach』だぁーーー!

ラモーンズ大好きですが、なぜか夏に良く聴きますね。
この曲なら当たり前かな?
皆さんも夏のイメージなのかな?

ラモーンズと言えばラストライブに行った思い出があります。
最高でした。
ライブベスト10をあげるなら、間違いなくベスト3に入ります。
MCなし、曲間なしで何十曲やったか定かではありませんが、疾走しまくりたった40分で終わったのでした!(爆)

『サンキュー!アミーゴ!』

最後だからといって、特別ではなくいつものラモーンズでした。
とても感動でした。
『アミーゴ』と言っても鈴木亜美ではありません(爆)
スペイン語で『友達』と言う意味です。

アミーゴでさらに思い出すのは、昔ロスで仕事したとき同僚(先輩?)のメキシコ人に調子よく
『アミーゴ!アミーゴ!』
っておごってやる時だけ言われたこと。

んじゃ、『see you Amigos!』

…おごってくれ。(爆)
[PR]