ニットの脇の黄ばみ

暑いですね。
と、言うよりも不快ですね。
不快指数1000%くらいですか?
それとも『君は1000%』くらいでしょうか?

夏ですな。
カラッとした夏が、早く来て欲しいものです。

今日の『ナイスシミ抜き』はカラッと行きましょう。(意味不明)

b0148676_13171990.jpg

b0148676_13251831.jpg

b0148676_13253450.jpg

今日の御依頼品はニットの脇の黄ばみです。
こちらのお客様は、車で30分以上かかる所からお越し頂いております。
以前、近所のクリーニング店で落ちなかった染み抜きを御依頼頂き、キレイにしてお渡しすることが出来ました。
それ以来、特殊な染み抜きを必要とする品物はキタヤクリーニングまでお持ち頂けるようになりました。

ありがとうございます。

本当にありがとうございます。
張り切ってやらせて頂きます。

以前にもお伝え致しましたが、男性は股間、女性は脇が黄ばむ確率が高いと思われます。
キタヤクリーニングでは、目に見えるシミは無くともそれらが今後シミになりにくいよう、処理をしております。
もちろん、今回のように他店でクリーニング後、シミになってしまってもキレイにすることが可能です。

こちらのニットは黄ばみ部分を染抜き処理後、ドライクリーニングにてデリケート洗浄、その後特殊水洗い『アミノトリートメント』でウェットクリーニングを施しました。
b0148676_134032.jpg

b0148676_13402071.jpg

b0148676_13403520.jpg

キレイになりました。
もちろん、アミノトリートメントの効果でスッキリサラサラスベスベ最高の手触りです。

春の衣替えの時期にクリーニングに出された品物でも、今一度タンスの中をチェックしてみて下さい。
締め切ったままのタンスの扉。
チェックがてら、タンスの通気をよくしてあげることも大切です。
もしも、クリーニングしてあったのにシミが浮き出ている品物が見つかれば、そのシミが進行する前に染抜きの技術を持ったクリーニング店へご相談くださいませ。
もしも、お近くにそういったクリーニング店が見つからない場合、ぜひキタヤクリーニングにご相談下さいませ!

さて…このフレーズは、もう何度シャウトしたことでしょう。
しかし、脇の黄ばみがこの世から無くなるまで、皆さんと一緒にシャウトし続けたいと思っております。
今後とも宜しくお願いいたします。
それでは参りましょう!
『ドンと来い!脇の黄ばみ!』

ご利用ありがとうございました。

さぁ!ジメジメをふっとばす『今日のナイスサウンド』も参りましょう!。

鼠先輩の…あいや、違った、THE SUPER RATSの『PPP -Punch Perma Punk-』だぁーーー!

ぽっぽっぽで一躍人気になった鼠先輩。
私も当然チェックは入れてましたが、きわもの狙いは一目瞭然。
時の人だなって感じでした。
しかし、こいつは違う。
鼠先輩、最初からパンチパンクでデビューすればよかったのに、って思ったのは私だけ?

私がバンドをやってた時代、ブルーハーツの出現に感銘を受けたヤンキー系の方たちの中に、バンド方面に移行される方が多くいらっしゃいました。

『パンチパーマでパンク?!』

当時は戸惑いも多かった自分ですが、今考えれば熱いハートに変わりは無いな、と素直に思えます。(ホントか?)
このTHE SUPER RATS、そんな私の当時を思い出させてくれる強烈な1曲な訳なのです。

鼠せ…じゃ無くてTHE SUPER RATS!
ぜひしばらく続けて欲しいものです。

ちなみに、バンドメンバーはギターにラフィン・ノーズ→現SAのナオキ、ベースにあのDe+LAXの鈴木正美、ドラムにTHE BLUE HEARTSの梶原徹也と言う布陣。
熱くないわけが無いじゃんねぇ。

こいつを聴いて、私も熱い染抜きをお届けしたいと思っています!

…熱いって…(爆)
[PR]