エルメスのシャツ(襟の黄変処理)

再発ゴーゴーで御座います。
ブログ更新日に少し無理をして仕事に出たのですが、あえなく役立たずに舞い戻ってしまっていました。

ただ今、リハビリを兼ねて少しづつ仕事をしております。
一日はまだきついです。
口だけ達者ですと、色々と辛いですね(爆)

あせらずにがんばりたいと思います。

今日のナイスシミ抜きは『エルメスのシャツ』で御座います。
今回も少々遠方よりネットを御覧頂いての御来店でした。

b0148676_1523057.jpg

襟が黄ばんでいました。
いつもなら、簡単に処理が終わってしまうのですが、やはりそこは高級シャツ。
デリケートな素材を使用しての素晴らしい風合い、発色を損なわないように慎重にシミ抜きを行います。
そしてその後、『手洗い不可』を確認しながらもウェットクリーニングでの洗浄を行いました。
コットンのシャツですから、適切な洗剤、そして洗浄方法を行えば、手洗い不可の品物でもウェットクリーニングをすることが可能です。

b0148676_156413.jpg

キレイになりました。

ただの白いシャツと思うなかれ。
意外に手間取る作業なのでした。

『ドンと来い!世界の高級シャツ!』
痛いので展開が速いのです(爆)

せっかく購入した高級シャツが、クリーニングに出しても自宅で洗ってもイマイチシャキッと来ないねぇ…等と思われているお客様がお見えになりましたら、ぜひキタヤクリーニングにご相談くださいませ。

ご利用ありがとうございました。

さて、今日のナイスサウンドも足早に参ります。(勝手なやっちゃ)

超名曲!
矢野顕子・忌野清志郎の『ひとつだけ』だぁーーー!

矢野顕子は天才だ。
と、勝手に思っています。
この『ひとつだけ』も、昔から大好きな曲のひとつです。

しかしどうだ!
この、天才矢野顕子の曲がどちらの持ち歌なのか分からなくなる位の存在感を示す、忌野清志郎わ!

忌野清志郎がお亡くなりになって、様々な曲がテレビを流れ、自分もブログに取り入れてはきましたが、気分的には切なさ少々と言ったところでした。

だけどこの曲を改めて聴いたとき、涙が浮かんできました。
キヨシローが自身のことを歌っているように思えました。

キヨシローよ、永遠なれ。

人と違うタイミングでしんみりしちゃう所は、B型たる所以でしょうな(爆)
[PR]