シルクブラウスの脇の汗染み(黄ばみ)

よぉ降りますなぁ、今日は。

花粉でお困りの方は、今日はナイスデイですね。
そういう私も、今年からデビューです。

忌々しい『花粉症』

去年までは、花粉症の人を見て『気合が足らんから』なんて言ってましたが、今年は逆に『気合が足らん』と言われています。

気合じゃないです。
なった人にしか解らないむずがゆさ。(気持ち的にね)

しかも私の場合、外に居る時より、仕事場に居る時がひどかったりするのです。

そう!
お客様の衣類に付着した花粉。
集まった衣類を、1つのかごに移し変える時、くしゃみ鼻水が始まるのです。

『こんなにたくさんの花粉が付くんだねぇ…』

お客様からお預かりした大量の衣類に感謝すると同時に、花粉の脅威を思い知るのでした。

もちろん、仕上った衣類の包装作業中に『くしゃみ鼻水』は一切起こりません。
洗い場じゃなくて包装担当になりたい今日この頃。

ちなみに、花粉が付きにくくなる『マジック』がキタヤクリーニングにはあります。
それがあのドライ衣料を水で洗う『アミノトリートメント』です。
洗浄の際、『アミノシリコン』が繊維の1本1本をコーティングしますので、衣類を縮めにくいだけでなく、花粉も付きにくくなるのです。
また、軽い『撥水効果』もありますので、ちょっとした汚れも付きにくくなりますよ。

良い事尽くめの『アミノトリートメント』
今すぐ、キタヤクリーニングへゴー!

お待ちいたしております。

さて、今日の『ナイスシミ抜き』
最近、『インターネット』で検索されてお越しになられるお客様が急増中です。

本当にありがたい限りでございます。

本日の事例も、インターネットで当キタヤクリーニングを見付けてお越し頂いたお客様の品物です。

b0148676_15282766.jpg

シルクのブラウスです。
b0148676_15294292.jpg

脇にはクッキリと汗による『黄変』がございます。(写真下手ですまそ)
b0148676_15304467.jpg

やはり、反対側にもございます。

今でも時々『シルクのシミ抜きが出来るんですか?』と聞かれることがあります。

できますとも。

自分の両親も長年キタヤクリーニングで働いておりますが(現役は退いております)『シルクのシミ抜き』が入荷すると

『これはシルクだから…』

『これはシルクだから…』

『これはシルクだから…』

いちいち自分のところに言いに来ます。(爆)

もちろん、技術と経験が必要ですが、シルクの黄変除去もまた、今では特殊なシミ抜きではございません。
部分漂白の後、アミノトリートメントwith漂白で…
b0148676_15385742.jpg

如何でしょう?
b0148676_15392126.jpg

右も
b0148676_15395887.jpg

左もバッチリキレイになりました。

もちろん、アミノ効果でツルツルサラサラ、最高の肌触りです。

さて、この雨空を吹っ飛ばす勢いで言ってみましょう。
『ドンと来い!シルク!』
ご利用ありがとうございました。

さて、今日のナイスサウンドも雨つながりで行ってみましょう。

RCサクセションの『 雨上がりの夜空に』だぁーーーーー!

ただいま、がん治療中のボーカル『忌野清志郎』

癌が再発した際の『ブルースはまだ続いているというわけだ』…と言う言葉に少々の悲しみと大きな感動を覚えました。

こんなにカッコいいオヤジはなかなかいません。
2度目の完全復活を待っております。

『ドンと来い!清志郎!』
[PR]