インクの暴発(ナース服)

ここんとこずっとペン絡みですな。

大変嬉しい事なのですが、今キタヤクリーニングにはシミ抜きの依頼が殺到しております。
やはり、エリや脇の黄ばみ(黄変)処理が多いのですが、第2位に付けているのがなんと『インクの処理』なのです。

当ブログやホームページ、シミ抜きできるクリーニング店の紹介サイトをご覧になって御越し頂けているのだろうと思いますが、『インク』でお困りの方が非常に多い事が解りました。

お任せ下さい。

少量のインクでしたら大抵のクリーニング店で処理する事も可能でしょう。(他店の近況はわかりませんが…)
大量に付いたインクですと、多分シミ抜きに力を入れていないクリーニング店では除去する事は不可能でしょう。

本当に大変なんすから…

では、ご覧いただきましょう、今日の『暴発』

b0148676_18181539.jpg

看護服の割烹着タイプです。
脇にドバっと暴発したインクが付いています。
実は、他に2箇所ほどありましたが、この場所が一番ひどかったです。
b0148676_18202923.jpg

シミ抜き剤を塗布します。
b0148676_1821161.jpg

熱を加えながらヘラで揉み出します。
b0148676_18215298.jpg

すすぎます。

さぁ、もう1度行ってみましょう。
b0148676_18223959.jpg

シミ抜き剤を塗布します。
b0148676_1823882.jpg

熱を加えながらヘラで揉み出します。
b0148676_18234080.jpg

すすぎます。

この作業を、時折変化球も交えながら『20~50回くらい』繰り返します。(ホントの回数は憶えちゃいないさ)

結果はもちろん
b0148676_182643.jpg

キレイになりました。

インクの暴発処理は本当に大変ですが、キレイになった時の感動が私を動かし続けるのです。
本当に、キレイになってよかったです。
さて、今日は本当に声を大にして言いたいのです。
『ドンと来い!インクの暴発!』
ご利用ありがとうございました。

さて、大物(シミ)と格闘するには、生半可なナイスサウンドでは闘志が湧きません。
私がチョイスした『今日のナイスサウンド』は間違いないっ!

オーディオスレイブの『Show me how to live』だぁーーーーーーー!

2000年10月に活動休止した元『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』のギター、ベース、ドラムの3人が元『サウンド・ガーデン』のボーカルと組んだ、これまた私には考えられないほど強烈な組み合わせのバンドなのれす。

チョーカッコいい。

1+1が2ではなく5にも10にもなりえるバンドだ。

まさに俺が『最強のシミ抜き剤』手にしたようなもんだ。

内訳が、俺1:シミ抜き剤9だろうけど…(爆)
[PR]