マッキントッシュに付いたボールペン

桜がキレイですな。
キタヤの裏にも満開の桜が咲き誇っております。

b0148676_175719.jpg

モレラのガードマンさんが写り込んでいますが、一日中立ちっぱなしで大変なガードマンもこの時期だけはちょっと気分が良いかも知れませんね。

クリーニング店が春を感じるのは『大量の冬物衣類を扱っている時』です。

あぁ…キタヤクリーニングもすっかり春らしくなって参りました…

お客様の衣類を、また来年の春に気持ちよく着て頂く為、愛をこめてクリーニングさせて頂いております。
ありがとうございます。

さて、今日ご紹介するシミ抜き事例はは『マッキントッシュ』のコートです。
マッキントッシュとはいっても、『マッキントッシュ・クロス』を使用したタイプではなく、モダンデザインのキルティングコートです。
手に取った瞬間『うっ?』となるほど重いのですが、これは暖かいコートなのだろうと感じました。
b0148676_1812481.jpg

『シミ抜き依頼タグ』が付いていましたので、シミをチェックすると…
『うっ!』
b0148676_18132755.jpg

お子様にやられちゃったのでしょうか?
ボールペンがたっぷりと付いていました。

革や合成皮革、特殊なコーティングがされた素材ですと、ボールペンもとても厄介なシミになってしまいますが、今回のナイロン素材でしたら割と簡単にキレイに出来ると思います。

それではいってみましょう。
b0148676_18185599.jpg

ペンの付着した部分にシミ抜き剤を塗布します。
塗ってる端からペンが流れ出していきますね。
b0148676_18251056.jpg

へらで軽く馴染ませます。
b0148676_18254235.jpg

シミ抜き機を使って処理していきます。
b0148676_1826182.jpg

だんだん取れてきました。
b0148676_18265095.jpg

キレイになりました。

いとも簡単そうにキレイにしますね。

はい、プロですから。

経験と熱意、そして良い出会いがシミ抜き技術を向上させてくれます。
ボールペンが付いてお困りの品物をお持ちの方がお見えになりましたら、ぜひキタヤクリーニングにご相談くださいませ。

それでは勝利のポーズ。
『ドンと来い!ボールペン!』
ご利用ありがとうございました。

年がら年中ロックを聴いていますが、飽きません。
春だから『これ』冬だから『これ』と言うのもありません。
自分が今日聴いていたナイスサウンドをご紹介する『今日のナイスサウンド』なのです。

ヘルメットの『Milquetoast』だぁーーー!

へヴィロックだけど、一味違うね。
それもそのはず。
ボーカルのペイジ・ハミルトンはジャズやクラッシックを本格的に学校で学んだ経歴の持ち主。
ベースが違うとロックの消化の仕方も変わってくるんでしょうね。
『ヘルメット』が活躍したのは90年代前半。
今のアーティストに多大なる影響を残したのは間違いないね。
自分のロックも、ある意味90年代前半で止まってる気がします。
その後は似て非なるものしか現れてないし…

でもCD購入が止まってないのは何ででしょうねぇ?(爆)
[PR]