マニキュアのシミ抜き

女性が足にマニキュアを塗る姿はとてもセクシーと思います。
ウチの奥様は塗らないので、何かのドラマのシーンを思い出して書いています。

しかもこんなスカート姿で塗られた日にゃ…

b0148676_171331.jpg

うをぉ~★

悪魔の…いやいや、あくまで想像上のお話です。

b0148676_1741647.jpg

うっかり付けてしまうと、御家庭ではなかなか取れないシミになってしまいます。
男子も『うをぉー!』とならないように、お気をつけ下さい。

マニキュアのシミは接着剤のように硬く張り付いてしまいますので、品物によっては色ハゲも起こる確率が高いです。
今回も、多少の修正が必要でしたが、結果はご覧の通り…
b0148676_17101296.jpg

うをぉーで御座いましょう?
違う!
どうで御座いましょう。
キレイになりました。

また、どんどんオシャレして下さい。
うっかり付いてしまっても、
『ドンと来い!マニキュア!』
で、御座います。

今日のナイスサウンドで御座います。

hide with Spread Beaverの『ピンクスパイダー』だぁーーー!

よくカラオケで歌います。
こんなへヴィロックが普通に売れて、しかもカラオケで歌っても文句言われない曲を、私は他に知らない。
似たような曲調で、みんなが知らない歌を入れたらたちまちオタク扱いになっちゃうってぇのにね。
いわゆる『へヴィメタル』のジャンルに入る(と思ってる)この歌、hideだからなせる業だったのでしょう。
これ以降、このジャンルで日本の歌謡&ロック界を賑わすアーティストは不在です。(知ってたらおせぇて)
亡くなった事が非常に惜しまれる存在です。
ラウド(重くうるさい)なギター、うねるベース&ドラム。
ただそれだけなら、よくある今風ロックになっちゃうけど、ヴィジュアルや曲の編集にも徹底的にこだわって、唯一無二の存在でした。

でもやっぱ、よく考えると、俺がhideの曲をエアギターでもやりながら歌えば、ただのロックオタクオヤジに映っちゃうんだろうねぇ。
今想像してみた…

ショックぅ!
[PR]